Something a woman would love

  •  
  • 286
  • 4
  • 2
  • English 
Dec 25, 2016 00:57
Today was Christmas Eve. At a small accessory shop near Kyoto Station, a young couple was choosing pierced earrings for the girl. They looked serious and also happy together. "How lovely," I thought. The shop didn't have too much expensive accessories. That also gave me a good impression.
I felt that they wouldn't just buy an accessory, but add a memorable episode on their lives. The earrings would remind both of them of the happy feelings of this day, while choosing them together. The boy gave her not only the earrings but also a lovely memory.
I don't have many jewelry myself. I love the stories that jewelry have. I wouldn't want to own those that has no stories. I had had some before. They were given to me just because of men's pride or their sense of duty. Maybe I would want lovely memories, not such expensive jewelry itself.
今日はクリスマスイブでした。京都駅近くのアクセサリーショップで、若いカップルが、彼女のためのピアスを選んでいました。真剣で、それでいてふたりは幸せそうでした。「素敵」と思いました。その店は、そんなに高価なアクセサリーを扱っていなくて、それもいい印象でした。
ふたりは、単にアクセサリーを買いにきたわけではなくて、思い出に残る一日を過ごそうとしている、と感じました。ピアスを見るたび、ふたりは、この日の、ピアスを選んでいた時の、お互いに幸せだった気持ちを思い出すでしょう。彼は、ピアスだけでなくて、素敵な思い出もプレゼントしたのです。
私自身はあまりジュエリーを持っていません。ジュエリーにまつわる物語を愛しています。物語のないジュエリーを欲しいとは思いません。以前、ちょっとは持っていました。でも、男性のプライドや、義務感から贈られたものでした。多分、私は、そういう高価なジュエリー自体ではなくて、素敵な思い出が欲しいんだと思います。