Today, I talked with (to?) my English language partner over Skype.

  •  
  • 142
  • 8
  • 3
  • English 
Jun 18, 2019 23:09
Today, I talked with (to?) my English language partner over Skype. It has been two weeks since we last chatted. She looked a bit different. As soon as she started talking about the last two weeks, I understood why she wasn't smiling as usual. She visited a facility for disable people. It was by a personal invitation. She had never been to those facilities before.
When I asked he if she felt guilty, she was surprised. She didn't know how to define her feelings, or maybe it was just because I was the first person to ask her that.
I was glad that I had a friend like her: This is what I said to her. I said to her, "Don't feel guilty for being happy. You don't have to be sorry, because everyone has their own lives. And I believe that your happiness helps people around you, including those who you met there. If I were them, I would be glad to have a guest with a smiling face. I wouldn't want to have someone to visit me, who is pessimistic or negative, in bed! You have been still thinking of them with a sad face. I'm proud of you, my friend. You are a good person. Stay happy!"
I won't have someone as a friend, who just wants to enjoy a superficial life. I know she started worrying by thinking that she was the one, but in fact, her way of living is in complete antithesis to that of those people.
I don't mean you should start being interested in welfare for the social minority like an activist. I just wanted to say that I like those who think of others and know how to reflect on themselves.
今日、友達とスカイプで話しました。彼女とチャットするのは、2週間ぶりでした。いつもと様子が違いました。この2週間のことを話し始めて、それで、どうして彼女がそんなに悲しそうなのか、分かりました。重度身体障害者の施設を訪問したそうです。仕事ではなく、個人的に招かれて、と彼女は言いました。今まで、障害者施設に行ったことがなかったそうです。
私は、
「ひょっとして、罪悪感を感じてる?」
と聞きました。彼女はびっくりした顔をしました。もしかしたら、彼女は自分の気持ちがどういうものなのか、分かっていなかったのかもしれません。あるいは、そういうふうに彼女に言ってあげる人がいなかったのかも。
「私は、Cさんみたいな友達がいて、本当に良かったって思ってる」
私は彼女に言いました。
「幸せであることに対して、罪悪感を感じなくたっていい。申し訳なく思う必要なんてない。みんな、それぞれ違う人生を生きているんだから。思うんだけど、Cさんが幸せであることは、周りのみんなも幸せにしている、きっと。Cさんが会った人達も。もし私が施設の人達だったら、笑顔の人に来て欲しい。暗い顔をしていたり、悲観的だったり、そういう人には会いたくない。寝たきりだったら、なおさらだよ。ずっとそんな悲しそうな顔をして、その人達のことを考えているCさんは、本当にいい人。Cさんは素晴らしいと思う。ねえ、思い切り、幸せになっていいんだよ、私達」
うわっつらの人間関係や、表面的な楽しみばかりを追いかけるような人とは、私は友達になれません。彼女は、実は自分もそうなのでは・・・と疑い始めていました。でも、実際、彼女の生き方は正反対です。
社会的弱者に対して関心を持ちましょうとか、そういうキャンペーンみたいなことを言っているわけではないんです。そうではなくて、人のことを考え、自分を深く内省することが出来る人が好きだと改めて思った、それだけのことなんですね。