My friend writes manga in Japanese.

  •  
  • 68
  • 1
  • 1
  • English 
Nov 12, 2019 23:49
My friend writes manga in Japanese. Her story is set in Japan and she sometimes does research in Japanese culture or girls' psychology. Today, she asked me what kind of situation I'd find romantic when going to see illuminations with someone who I like.

My answer: I'd find it romantic, if it happens but sadly that has never happened. You usually enjoy illuminations in wintertime with a Christmassy atmosphere. I'm sensitive to cold, so if someone gives me his gloves or scarf or knitted cap, I'd be impressed. If someone takes my hand and put in into his pocket of the coat, it would be so romantic. The greatest scenario is that he draws me and wraps me together in his coat, but that never happens. In the real world, I am always the one who is giving something warm to my companion. I carry an extra scarf in my knapsack, because I'm sensitive to cold.

My friend promised that she will suggest that to my future boyfriend.

My scenario seems to be impossible, but I think if nothing special happens, things can be great. Last winter, I went to the Christmas Market in Osaka with one of my colleagues who was in his late eighties. He had just started learning German and was keen to learn anything related to German culture. We enjoyed a cup of hot wine, sausages and pretzels. While looking up into lovely wooden German crafts, his face was beaming with joy as if he had been a young child. I remember the moment I saw his expression as one of my happiest time of the year. Just having fun with nice companion can be the most beautiful thing, I think so.
漫画を描く友達がいます。彼女の漫画は日本を舞台にしているため、彼女は時々、日本文化や女子の心理についてリサーチします。今日、彼女は、「イルミネーションを誰かと見に行ったとします。相手は、真紀さんがちょっと気になっている人です。その設定で、どういうことが起こったらロマンチックだと思いますか」と聞いてきました。
私の答えは、
「まあまずありえないんだけど、本当に起こったらすごくロマンチックだと思うことを言うね。イルミネーションを見に行くのって冬で、クリスマスっぽい雰囲気だよね。私は寒がりだから、相手が自分が着けている手袋やマフラーや帽子を脱いで私に『ほら、これ着けて』って渡してきたら、感激すると思う。私の手を取って自分のポケットに入れて温めてくれるとかもすごくいいよね。でも、最高だと思うのは、彼がコートを開けて『ほら、入って』と言って私を一緒にぎゅっとくるんでくれること。まあ、現実にはまず起こらない。大体、私はそのあっためてあげる側だから。リュックサックにいつも予備のマフラーや膝掛けを持ち歩いているんだよね、寒がりだから」
友達は、私に彼氏が出来たらこのことをちゃんと教えてあげる、と約束してくれました。
まあ、私の妄想はかなり極端かもしれません。特にすごくロマンチックなことが起こらなくても、あとになっていい思い出になることもあります。去年の冬、大阪のドイツクリスマスマーケットに行きました。ドイツ語を始めたばかりの80代後半の上司と一緒でした。私達は、グリューワイン、ソーセージ、プレッツェルを食べました。ドイツの精妙な木の工芸品の屋台を見上げて、上司の顔は子供のように輝いていました。彼の笑顔を見ていた自分も、心の底から幸せを感じていました。その年で一番幸福な瞬間として、今でも記憶しています。気の合う連れと一緒に思う存分楽しむ、それだけで十分思い出に残る出来事になると思います。