It's Friday today.

  •  
  • 175
  • 11
  • 3
  • English 
Aug 17, 2018 22:57
It's Friday today. Before I left my workplace, I was thinking of what I would cook for dinner. I thought that I should cook something healthy for my roommate.
Last Friday, I was dropped in an awkward situation. I believed that my friend wouldn't have been home and bought snacks to eats secretly during his absence. But it turned out that he was there and I ended up confessing my plot to him.
Contrary to my expectations, he wasn't there when I entered my flat today. I thought that he might have been out with his friends, because it was Friday night. At eight, I finally decided to feed myself something sweet, not something healthy.
When I put a bowl in front of myself and was about to mix the ingredients, I heard the key unlocked. My friend came in and cheerfully called, "I'm home!" And he saw me with a puzzled face. I was rolling around with laughter. He came back with good(bad?) timing. If he had come back thirty minutes or so later, I would have already been waiting for my midnight snacks baked up.
He asked me, "Why are you laughing?" I said, still laughing, "Nothing." He asked again, "It's not 'nothing', what happens?"
I decided to confess my plot. Two weeks in a row, I made a plot and failed to conceal it.
"I was about to make something sweet and high fat, because I didn't expect you were coming so early."
He looked at a package of tofu in front of me. He never knows what kinds of guilty food I could make with it. In Japan you can buy tofu in a cheaper price. And it can be used to mix up dough like honey or yogurt.
He said generously, "You can eat anything you want to."
He will move to another town soon. Then, I will be able to eat anything, no matter how unhealthy, high fat, they are, however, I am sure that I'll miss my current life.
今日は金曜日です。職場を出る前から、晩ごはんをどうしようか考えていました。同居している友達のために、健康的な食事を作るべきだと思いました。
先週の金曜日、かっこわるいことがありました。友達が出かけていると思って、彼の留守にこっそりお菓子を食べるつもりで、買い込んで帰ってきました。でも、実際は彼は家にいて、私は自分の悪巧みを白状する羽目になりました。
今日、アパートに帰った時、彼は家にいませんでした。金曜日の夜だから、友達と出かけたのだろうと思いました。8時になって、私はとうとう、甘いものを作ることにしました。健康的なものではなくて。
ボウルを置いて、材料を入れようとした時、鍵が開く音がしました。友達が入ってきて、明るく、
「ただいま!」
と言いました。それから、不思議そうな顔で私を見ました。私は笑い転げていました。本当にすごいタイミングでした。もし彼が30分遅く帰ってきていたら、私はとっくに、おやつが焼けるのを待っていた筈です。
彼は、
「どうしたの?」
と聞きました。
「なんでもない」
「なんでもないということはないでしょう。どうしたの?」
2週連続で私は悪事を告白する羽目になりました。しかも、成功していないし!
「Mさんがこんなに早く帰ってくるって思わなかったから、体に悪い甘いものを作ろうとしていた」
彼は、私の前の豆腐を見つめました。彼には、豆腐からどんなに体に悪い食べ物を作ることが出来るか、想像もつかないでしょう。日本では豆腐は安いです。そして、ハチミツやヨーグルトと同じく、生地をまとめるのに用いることが出来ます。
彼は寛大に言いました。
「真紀さんは何でも好きなものを食べていいんですよ」
彼はもうじき引っ越します。そうしたら、私は、何でも、どんなに体に悪くてどんなにカロリーが高いものでも、食べることが出来ます。でも、きっと、今の生活を懐かしく思うでしょう。