I am a master of making excuses for procrastinating.

  •  
  • 103
  • 4
  • 3
  • English 
May 8, 2019 00:11
I am a master of making excuses for procrastinating. From the end of April till yesterday, there were ten days holidays in a row. I decided to devote the time to improve my English skills to prepare for an English proficiency test that will be held in June. However, I found myself always searching for excuses not to study English. I woke up at 7:30. Lying on my bed (literally on my futon), I already started making excuses why I couldn't learn English now, such as, because
-It is rainy and I feel sleepy
-It is sunny and I should do the laundry
-It is cloudy and I want to bake a cake following a new recipe
-I have a backache
-I should enrich my German vocabulary more
-I need to go to a grocery store
-I have enough time left before the end of the holidays
I came up with a solution to get my laziness under control: I should always hang a carrot in front of myself.
I put a cup of tea and a cake dish on the table, and then, started learning. I allowed myself to take a bite every twenty minutes. When I was too fidget, I cleaned my flat. I named it "sandwich method". English sandwiched between cakes or new manga books can be deal with more easily. I knew very well that the more you learn, the easier you feel with your target language. So, I am not sure why I am so elusive. Today I nearly neglected my vocabulary practice for this excuse: I worked from 8:50 to 6. It didn't sound to make much sense, so I practiced.
私は怠ける言い訳を考えつくことにかけては、天才的です。4月末から昨日まで、10連休でした。この連休を、6月に受ける英検の受験勉強に充てるつもりでした。でも、気が付くといつも私は英語を勉強出来ない言い訳ばかり考えています。7時半に目が覚めます。布団の中ですでに言い訳が始まっています。
「雨が降っていて眠い」
「晴れてるから洗濯をしないと」
「曇っているからお菓子作りがいいかもね」
「腰が痛い気がする」
「ドイツ語をやらなきゃ」
「連休が終わるまでまだ時間がある」
自分のこの怠け癖にやられてしまわないように、いつも目の前にご褒美をぶら下げて発奮させる必要があると思いました。
テーブルにお茶とケーキを置きます。それから、勉強を始めます。20分おきに一口食べてもいいことにします。そわそわして落ち着かない時は、部屋を掃除しました。この作戦を「サンドイッチ方式」と名付けました。ケーキ・英語・ケーキ・英語・時々漫画、これなら何とか耐えられます。ケーキ休憩によって、英語の勉強が何とか続きます。勉強すればするほど、外国語は楽に、居心地よく感じられるようになる。それはよく分かっています。だから、どうして自分がこんなにいつも逃げてばかりいるのか分かりません。今日も、もう少しで英単語の暗記をさぼるところでした。
「だって今日は8時50分から6時まで仕事をしたんだし」
理由にならないと思いました。だから、今日も単語をやりました。