卒業後の無職

  •  
  • 302
  • 1
  • 2
  • Japanese 
May 23, 2012 04:15 若年失業 日本語 ヨーロッパ 社会問題 economy youth unemployment
このレポートは国際的に若年失業の社会問題を中心している。

国際的に比べると日本の失業率が低いのに、最近景気や2011年の東日本大震災のため、仕事を見つけることはもっと大変になった。現在日本の失業者は307万人であり、勤めているのは6215万人である。その数から判断すると日本の失業率はただの4.7%である。ヨーロッパの失業率平均は7.4%になる。その中で最も高いのは22%でスペインの比率である。

「若年失業」という社会問題

国際的には若い人の失業率が増加している。卒業後の無職者やフリータやニート(「NEET」 = Not in Education, Employment or Training = 教育、労働、職業訓練のいずれにも参加していない状態)などが多いということで大きな社会問題になった。「若年失業」ということである。

先進国での最大の若年失業率の増加は2008年/2009年の経済危機の直接な結果としてであった。危機の影響にかかったスペインやギリシャは若年失業率が現在50%以上である。基本的に先進国の中でヨーロッパの国々の若年失業がもっとも高い。そして2012年から少なくとも2016年までもっと増えている。当初に若年失業が高かった途上国、特に中東と北アフリカのは4年後までもっと増加している。仕事を持っている若者はほとんどの場合セキュリティが少ない短期仕事またはパートタイムに取り組んでいる。若い人たちの何百万人は作業の無益な検索、無用感を作り出す。その状況で若者が安心しながら生きて行けないので「ロストジェネレーション」(“lost generation=失われた世代“)と言われている。

ヨーロッパの措置

ヨーロッパは現在、コントロールを変更しようとしている。クロスボーダーの仕事の配置のために€725万を活用したいと考えている。「仕事をしている方がいいだと思う若者が多い 。 しかし、そのため移動する必要がある」とスポークスマンは言った。ヨーロッパで500万人以上の若者がEU委員会によると現在仕事を探している。それらの6500人は、仕事を得るためにEU委員会はお金を使用している。ドイツ、スペイン、デンマーク、イタリアなどの雇用サービスは、ヨーロッパ各地からの候補者と企業を紹介させている。雇用になれば、企業と会社員と共には旅費や言語教育プローグラムのためにお金をもらっている。

意見

若年実業は世界的に大きな問題である。ヨーロッパでもアジアでも様々な国では措置が必要になってきた。ヨーロッパのようにお金をあげると人々は仕事を見つけるようになるのに、それが問題を解決しない。特に教育のためにお金が必要だと思っている。教育があれば仕事を見つかれることがないより簡単にできるようになっている。