小説(82)

  •  
  • 49
  • 5
  • 4
  • Japanese 
Dec 9, 2018 09:33
それ同時に、鋭い風切り音を挟み、周りの林の影から無数の手裏剣が豪雨のように撃ってきた。
邪馬台誠は避けながら長刀を振り回して、厳密に身を守った。
チリンチリンと鳴り続き、撃ってきた手裏剣は雪原に落とされた。
手裏剣の雨が暫く続けたら、ふと後ろの林から大きな風音と伴い、笠の大きさの手裏剣が襲来した。
邪馬台誠は体を回して跳び上がり、一声怒鳴ってから両手で刀を持って切り下ろした。
カンと音がして、大きな手裏剣が雪原に深く嵌られた。
そして間もなく、手裏剣の雨が止んだ。
「ふん、この手裏剣、風魔の忍衆か。どうやってここまで忍び込んだか知らないけど、ここは通れないぞ!」と、邪馬台誠はまた長刀を雪に挿してから言った。
小说(82)

与此同时,挟着尖利的破风之声,从周围树林的阴影中无数手里剑激射而至。
邪马台诚一边闪避一边挥舞长刀,将周身护得密不透风。
叮叮之声连响,射来的手里剑纷纷被击落雪地之中。
手里剑如雨一般倾泻一阵后,身后的树林中风声大起,一把斗笠大小的大手里剑急袭而至。
邪马台诚旋身腾空,大喝一声,双手持刀斩下。
只听当一声响,大手里剑被深深砸入雪地中。
随后不久手里剑雨骤停。
“哼,这种手里剑,是风魔忍众么?虽然不知你们是如何潜入至此,不过,此路不通!”,邪马台诚再次将长刀插入雪中说道。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app