母のパリ

  •  
  • 401
  • 1
  • 8
  • Japanese 
Aug 2, 2014 19:44
母はパリ生まれです。父に会ったときは、二人はパリ大学の学生でした。私もパリで生まれましたが、一歳だったとき私たちの家族はパリを出ました。何年もたって、私も学生として、パリへ帰ってきて、二年間泊まりました。
およそ二十年後母はパリでアパートを買いました。あのころから、彼女は毎年六ヶ月間パリに住み、六ヶ月間も田舎の別荘に過ごします。パリをよく知っています。

わが国の首都は全世界中有名ですけれども、実際にロマンチックな所ではありません。汚くて、危険な第3世界みたい町です。全世界から移民した貧乏な人は多いから、犯罪もたくさんありま。母は何回も攻められたことがあります。自衛ができなくて、年を取った女性はもちろんやさしいぎせいです。

最近のたびは、母は買い物に行ってきて安心で歩道を歩いたと、自転車を乗った青年が彼女へ向かって来ました。青年はそばにいたら、金属片を持って、母にげん骨を食らわせました。彼女は地上にたおれながら、あいつはのんびりと道を続きました。母のお金や宝石や携帯などがほしくなかったです。乱暴の楽だけのためでした。母がほとんど死んだほど激しい打撃の後では顔が数月間黒かったです。

ロマンチックなパリの一日でした。