ある思い出 (どなたか日本語原文を中国語に訳していただけるとありがたいです😀)

  •  
  • 1070
  • 7
  • 2
  • English 
Aug 24, 2014 11:21
"A memory"

A memory of the old days suddenly occurred to me.
At the time, the personal computer had not yet become a common sight.
I just started to study making music with computer. And I had made the light music.

The reader's columns in some music magazine had an article about a student.
He said that "Please exchange the MIDI DATA and study writing music."

I recorded the music's data to a floppy disk then sent to a student by mail.
The student had studied the way of music composition by himself but had many knowledge of music.
He had written many classical symphony with computer.

After all, we send the music with a commentary which we wrote each other once in a month during about two years.
Then we sometimes say something about our music or give advice for them by mail.

After two years, I got the last letter from him with his music.
There were his words;
"I want to go to a collage and write music more. However I can't do it any more. Because I have to leave this world.."

I first found out about him.
He could play the guitar but he was a handicapped man.
I could not know about his illness.

The exchange of music suddenly broke off. For a while, I experienced a sense of loss.

We can connect with people by the Internet easily now. In the opposite sense, we can easily cut off the connection with people.
However it was not such a situation for about twenty or thirty years ago.

I think that I want to treat person who can empathize something with me as much as I can.
「ある思い出」

昨日、ふと思い出した。
大分昔、まだコンピューターが今ほど普及していない時のこと。
自分は、音楽をコンピューターで作る勉強を始めたばかりで、音楽ソフトや音源を使って、短い曲を作っていた。

ある音楽雑誌の読者投稿欄に、ある学生さんの記事が載っていた。
「MIDI DATAを交換して、一緒に作曲の勉強をしませんか?」と書いてあった。

音楽データはフロッピーディスクに入れて、郵便でその学生さんに送る。その学生さんは、独学だがMIDIの知識が豊富で、クラシックのオーケストラ曲を自分で作ってコンピューターで作曲していた。

結局、その学生さんとは1〜2年、月に1度くらいそれぞれが作曲したデータを解説付きで送り合う、お互いの曲について感想を書いたり、自分の曲で苦労した点、MIDIや各楽器の打ち込み方をアドヴァイスするという手紙を送りあった。

音楽を交換し合って1〜2年経った頃、最後の音楽と手紙が彼から来た。
「自分は大学に行って、もっと音楽を作りたい。でも、もう出来ません。自分はもう体が動かなくなるから・・。」というような事が最後の手紙に書いてあった。

その時、私は始めて知ったのだ。
その彼はギターは弾けるが、体が不自由だったことを。
何の病気だったのか、手紙には書かれておらずわからなかった。

ぷっつりと途絶えた音楽交換。
暫くの間、得も言われぬ喪失感が残った。

今の時代は、手軽にネットで人と繋がれるし、逆に簡単に人との繋がりを絶つことも出来る。
でも、20〜30年前頃はそうではなかった。

今でも私は、自分と何かを共感出来そうな相手なら、自分が出来る限り「繋がり」を大切にしたいと思っている。

もしかしたら、リアルな人以上に大切にしないと得られない何か、そういうものが世界のどこかにあるのかもしれない、などと最近思っている。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app