Personal Statement 2014 (Part 2 of 2)

  •  
  • 147
  • 4
  • 2
  • Japanese 
Dec 28, 2013 12:13
三年半、日本語を勉強していて、ある夏に金沢で留学生でした。八歳の時、日本の文化に興味を持ち始めました。始めは色々なアニメが好きで、それから日本の歴史を習い始めました。高校で日本語を勉強し始めて、大学に行って、勉強を続けました。二年の後で、金沢工業大学の留学生のプログラムを応募して、合格して、その夏遊学のために日本に行きました。二週間KITで日本語と日本の文化を勉強しました。長い時間じゃなかったのに、アメリカの授業より日本の授業のほうが身につけられたで、何時ももっと習いたいです。去年、パソナに応募して、合格したけど、(私の大学)の政権は仕事を選ぶことを難しくさせました。今年、政権じゃないから、またしています。

日本で働きたいから、工場実習をしなくちゃいけないと思っています。日本の会社で働けなかったら、ほかの会社で日本人と一緒に働くつもりです。そのため、パソナはよさそうなプログラムで、一番機会だと思っています。このプログラムで、専門的な日本語を練習できて、日本の会社の文化も習えます。アメリカでこの練習はちょっと難しいから、何かこの経験はとても貴重です。

日本の工場実習でたくさんの事を身につけられて、新しい人にも会えて、新たな人脈を作れます。大学の後で、これはとっても大切になります。加えて何かプログラミングの経験も使えます。結局、工場実習のプログラムの中で、パソナが一番で、また合格したら、ほんとにありがたいです。