スペイン語に翻訳できない日本語

  •  
  • 720
  • 5
  • 4
  • Japanese 
Jun 9, 2016 02:25 日本 日本語 書く 試験 nihongo 読む 南米 japonés 敬語
皆さん、おはようございます!^^

最近、日本語の勉強ばっかりしてて、新しい表現を沢山覚えています。今使っている教科書は「日本語中級二」という名前で、日本語能力試験の2級の大事な文法や語彙をまとめる本です。この本は100パーセント日本語で書いてあるので、説明を読む時はいつも辞書を使わなきゃいけないのです。今までこの教科書の第1課を全部勉強したのですが、意味がだいたい分かっても自然なスペイン語に翻訳できない言葉は沢山出てきます。不思議なことかもしれないですが、日本語ではスペイン語に直訳できない表現が本当にたくさんあるってことが分かりました。例えば、「試行錯誤」という言葉。日本語辞書に引いてみて、この説明が出ました>

「①新しい物事をする際,試みと失敗を繰り返しながら次第に見通しを立て,解決策を見いだしていくこと。 「 -を重ねる」
②〘心〙 〔trial and error〕 新しい学習を行う際,初めは無意識的な種々の反応が生じるが,偶然に成功した反応が以後繰り返され,次第に無駄な反応を排除してゆくこと。」

意味が100%分かったのですが、スペイン語にきちんと翻訳できないので、それで少し困ります。つまり、自分の母語に翻訳できたいと、その表現を上手に使えないということです。スペイン語では「試行錯誤」に似ている表現はまだまだ見つからないですが、英語に直訳すれば「trial and error」になります。英語はスペイン語に凄く似ている言語でありながら、その「trial and error」を何回読んでもまだ自然な翻訳ができません。(笑)。そのままで翻訳すれは「Acierto y error」になるのですが、自然な表現や日常表現ではないです。

あとは「一進一退」です。辞書で調べてみて、「進んだり退いたりすること。 「祭りの人波が-する」と出ました。

これは同じ場合です。日本語での説明と意味が分かりますけど、スペイン語に翻訳してみたら自然な表現が見つかりません。多分、自分の言語ではこういう表現は無いのではないかと思います。まあ、よく考えれば、スペイン語では「よろしくお願いします」・「お世話になります」という日本語らしい表現もありません。なので、自然に翻訳できないなら、そういう表現のように、そのままで覚えるしかありませんね。


以上です。