Προσπαθώ να εξηγήσω : あの/その

  •  
  • 905
  • 1
  • 2
  • Greek 
Jun 27, 2010 22:49 あの その Ιαπωνικά
lang-8 で外国人の方が書く文章を読んでいて、「あの」と「その」の使い分けが意外と難しいらしい、ということを知りました。はじめ、私はその理由を説明できませんでした。その後、インターネットでいくつかの文章を探して読んで、とても納得しました。
今日はそれを説明してみようと思います。
でも私は日本語を専門的に勉強したわけではないので、間違っているかもしれません。

Όταν διαβάζω τα κείμενα των ξένων, βρήκα ότι είναι δύσκολο να χρησιμοποιήσουν τις λέξεις あの και その.
Την αρχή, δεν μπόρεσα να εξηγήσω το λόγο. Αργότερα, διάβασα μερικά κείμενα που γράφονται για την Ιαπωνία, κατάλαβα καλά το λόγο.
Τώρα προσπαθώ να εξηγήσω για αυτές.
Δεν σπούδασα όμως επαγγελματικά τα Ιαπωνικά. Γι' αυτό μπορεί να έκανα λάθη.

外国人の方が日本語を勉強するときに、「この」「その」「あの」を、以下のように学んだと思います。
Νομίζω ότι οι ξένοι έμαθαν 「この」「その」「あの」 ως εξής:

この…話し手に近い場所にあるもの
その…聞き手に近い場所にあるもの
あの…話し手からも聞き手からも遠い場所にあるもの

この… πράγμα που υπάρχει κοντά στον ομιλητή
その… πράγμα που υπάρχει κοντά στον ακροατή
あの… πράγμα που υπάρχει μακρυά από τούς δύο

「これ・それ・あれ」、「ここ・そこ・あそこ」も同じ使い方です。
Και οι λέξεις 「これ・それ・あれ」, 「ここ・そこ・あそこ」 χρησιμοποιούμε σε ίδιο τρόπο.

例1)
A:この携帯電話、あなたの?
B:どれ?
A:この、青い携帯。
B:ああ、それはマリのだよ。
A:そうなんだ。あなたのはどこに置いたの?
B:あそこの机の上にある、黒いやつ。
A:ああ、あれか。

なにか、現在目の前に見えるものについて話す場合は、これで正しいです。

Παράδειγμα 1
Α: Αυτό το κινητό είναι δικό σου;
Β: Ποιό κινητό;
Α: Αυτό το μπλέ κινητό.
Β: Α, είναι δικό της Μάρι.
Α: Α, ναι. Το δίκο σου πού είναι;
Β: Εκείνο το μαύρο είναι δικό μου στο γραφείο.
Α: Α, αυτό είναι.

Όταν μιλούμε για κανένα πράγμα βρίσκεται μπροστά μας, αυτές τις εκφράσεις είναι σωστές.

でも、もし二人が現在目の前に見えないものについて話している場合、少し使い方が変わってきます。
例えば、過去の記憶、未知のことがら、遠くの場所などについてです。

Όταν μιλούμε για κάτι αθέατο όμως, o τρόπος χρήσης είναι διαφορετικός λίγο.
Για παράδειγμα, παλιά μνήμη, κάτι άγνωστο, κάποιο τόπο που βρίσκεται μακριά.

例2)
去年、ギリシャのデルフィに行きました。あの町には有名な遺跡があります。

この文章は、多くの日本人には不自然に感じると思います。普通は、次のように言います。

Παράδειγμα 2
Πέρσι πήγα στους Δελφούς στην Ελλάδα. Υπάρχει ένας γνωστός αρχαιολογικός χώρος σε あの町.

Αυτή η έκφραση φαίνεται παράξενη (δεν είναι φυσική ;) οι Ιάπωνες. Συνήθως λέμε έτσι,

例3)
去年、ギリシャのデルフィに行きました。その町には有名な遺跡があります。

デルフィは、話し手からも聞き手からも遠い場所にあります。
でも、「あの」ではなく「その」を使います。何故でしょうか?
この場合、「その」と「あの」には、以下のような違いがあります。

Παράδειγμα 3
Πέρσι πήγα στους Δελφούς στην Ελλάδα. Υπάρχει ένας γνωστός αρχαιολογικός χώρος σε その町.

Οι Δελφοί βρίσκεται μακριά από τον ομιλητή και τον ακροατή.
Λέμε όμως その, δεν λέμε あの. Γιατί;
Είναι η διαφορά μεταξύ της その και της あの.

その、それ、そこ
 s-1 話し手だけが知っているとき使う。
 s-2 今話題になっているものについて使う。
 s-3 聞き手が思い浮かべていることについて使う。

あの、あれ、あそこ
 a-1 話し手と聞き手、どちらも知っていることが確実なときに使う。
 a-2 または、話し手が「聞き手も知っているはずだ」と思っている場合に使う。

その、それ、そこ
 s-1 Όταν μόνο ο ομιλητής ξέρει, λέμε
 s-2 Για το θέμα αυτή τη στιγμή, λέμε
 s-3 Για κάτι σκέφτεται ο ακροατής, λέμε

あの、あれ、あそこ
 a-1 Για κάτι ξέρουν ο ομιλητή και ο ακροατής, λέμε
 a-2 Ο ομιλητής πιστεύει ότι ο ακροατής ξέρει για κάτι, λέμε


例4)
A:去年、ギリシャのデルフィに行きました。
B:へえ、初めて聞く名前です。
A:そうですか。その町には有名な遺跡があるんですよ。
B:私もいつかそこに行ってみたいな。

Παράδειγμα 4
Α: Πήγα στους Δελφούς πέρσι.
Β: Άκουσα το όνομά της πόλης για πρώτη φορά.
Α: Έτσι. Υπάρχει ένας γνωστός αρχαιολογικός χώρος εκεί.
Β: Κάποτε θα ήθελα να πάω εκεί κι εγώ.

この会話では、Bはデルフィについて知りません。だから、通常「あの町」とは言いません。
Σε αυτόν το διάλογο ο Β δεν ξέρει για τους Δελφούς. Γι' αυτό συνήθως δεν λέμε あの町.


例5)
A:去年、ギリシャのデルフィに行きました。
B:デルフィなら私も行ったことがありますよ。
A:そうですか。あの町には有名な遺跡がありますよね。
B:ええ、知っています。あそこはとても素晴らしいですよね。

Παράδειγμα 5
Α: Πήγα στους Δελφούς πέρσι.
Β: Κι εγώ έχω πάει στους Δελφούς.
Α: Αλήθεια; Υπάρχει ένας γνωστός αρχαιολογικός χώρος εκεί.
Β: Ναι, τον ξέρω. Αυτός ο χώρος είναι πολύ ωραίος.

この会話では、Bがデルフィを知っていることが分かりました。だから、Aは「あの町」という表現を使うことができます。
Σε αυτόν το διάλογο ο Β ξέρει τους Δελφούς. Γι' αυτό μπορούμε να λέμε あの町.


例6)
5年前、新潟で大きな地震がありました。その時、私の友達も何人かそこに住んでいたのです。

Παράδειγμα 6
Πριν από 5 χρόνια, έγινε ένα μεγάλος σεισμός στην Νιγκάτα. Τότε, μερικοί φίλοι μου έμειναν εκεί.

この例も、例4と同じです。聞き手が新潟地震について知っているかどうか分からないので、「あの時」「あそこ」とは言いません。「その時」「そこ」という表現を使います。
もし、聞き手が新潟地震についてよく知っていたらどうでしょうか。

Αυτό το παράδειγμα είναι ίδιο με το παράδειγμα 4.
Ο ομιλητής δεν ξέρει ότι ο ακροατής ξέρει τον σεισμό ή δεν ξέρει. Γι' αυτό δεν λέμε あの時/あそこ. Λέμε その時/そこ.
Αν ξέρει ο ακροατής για τον σεισμό καλά, πώς λέμε;

例7)
(手紙で)5年前の新潟地震のことを覚えていますか。あの時、あなたが色々と私を助けてくださって、本当に嬉しかったです。

Παράδειγμα 7
(σε ένα γράμμα) Θυμάσαι για τον σεισμό που έγινε πριν από 5 χρόνια; Επειδή μου βοήθησες καλά, τότε ήμουν πολύ χαρούμενη.

手紙を書いた人は、読む人が地震のことを覚えているはずだと思っているので、「あの時」という表現を使っています。
また、誰でもよく知っている大きな事件などについては、相手が知っているかどうか確認せずに「あの・あれ・あそこ」を使うこともあります。

Αυτή που έγραψε αυτό το γράμμα, πιστεύει ότι o αναγώστης ξέρει τον σεισμό. Γι' αυτό έγραψε あの時.
Και όταν λέμε κάποιο μεγάλο θέμα που ξέρουν όλοι άνθρωποι, λέμε 「あの・あれ・あそこ」.

例8)
戦後65年。あれから、世界はどう変わったか。

Παράδειγμα 8
Πέρασα 65 χρόνια μετά από τον Α΄ Παγκόσμιος Πόλεμος. Πώς άλλαξε ο κόσμος από τότε;


つまり、聞き手は、知らないことについて「あの」と言われると、不安を感じるというわけです。
Όταν ακούει κάτι あの που δεν ξέρει ο ακροατής, φαίνεται ανησυχία.

以下は、私が読んだ説明です。もしよろしければ、皆さんも読んでみてください。
Αυτά είναι τα κείμενα που διάβασα. Αν θέλετε, μπορείτε να διαβάσετε;

☆ 「ここ、そこ、あそこ」の不思議
http://www.yano.bc.ca/vansin/vansinpo111.htm
「そしてこの『こそあ』に関しては距離以外にもう一つ大事なことがある。例えばこんな間違い表現をする。『先生、リルエットという町があります。あそこはとてもいいところですよ』である。生徒の大部分は遠いから『あそこ』になってしまう。でも先生がリルエットという町を知っているか、知らないかの違いを教えなければならない。知らなければ『そ』を使って『そこはいいところです』であり、知っていれば『あ』を使って『あそこはいいところですね』である。
すなわち『あそこ』は両方が知っていなければダメである。」


「そこ」と「あそこ」の意味の違い(教えて!goo)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1759863.html?best_flg=true
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app