拝啓

  •  
  • 240
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Oct 27, 2016 15:42
拝啓

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。


先日、突然のメール依頼にもかかわらず、星野社長に暖かく且つ迅速な返信対応を頂けたこと誠に感謝しております。その件に関しまして今現在、弊社営業部の陳は小山部長に実務上にて協議し展開していることを、まずご報告させて頂きます。

さて、もう一つ星野社長に、今すぐにもご報告しなければならないことがござます。ここ近日弊社(福州合信)が貴社とのローヤルティ契約を作っております。その際に、合信(TW)との契約内容を照らし合わせ、再確認したところ、弊社合信(TW)が貴社に支払うローヤルティ金額が違っていたことに気付いたのです。発見後、直ちに詳しく調べまして、期間は2013年より現在に至っていることがわかりました。ミス原因として、一つはローヤルティ契約を担当する者の異動によるものですが、営業管理職の幹部らも契約内容に対する認識は不十分で、ちゃんと把握ができていなかった責任がありまります。幾つかの不注意で今回のミスが起きたのです。判明してから、営業部長の陳に貴社の小山部長に経緯説明とともに不足分を計算して直ちに返金するようにと指示を出しましたが、長年にご愛顧を頂き、大事に築かれた信頼関係に傷つかないように祈るばかりです。貴社に対して返金問題ではなく、あってはならない今回の件を厳粛に受け止め、陳謝いたします。
また、再発防止策を検討すると共にこれから弊社(福州合信)と貴社とのローヤルティ契約を一層しっかりとしたものに作って参りたいと存じます。

弊社副総経理の林は11月末に御社訪問を計画しております。星野社長に本件内容も含めご報告させて頂けたらと存じます。また私が、12月にご都合の良い時、直接お詫びに参りたいつもりでございますが、何とぞご寛恕くださいますようお願い申し上げます。

まずは書中をもちまして失礼ながら書面にてお詫びを申し上げます。    
 

敬具