修正版

  •  
  • 192
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Dec 12, 2017 16:16
修正版
先生の教えには、こんなことがありました。古代では、先人たちが剣をお守りとしてどこへ行っても身に離さず持って行くものだが、四六時中に手に触れることはありません。理由は、ずっと手に触れる状態にすると心が左右され怒りやすくなり、また使いたくなるからだといいます。
それは現代武器の全般においても同じことが言えるのではないでしょうか。それぞれの国は新鋭な武器を所持するのがいいのだが、いつでも使える武器を持っていると、使う人の心に一定の影響を与えることを忘れてはいけないのだ。