契約の重要性

  •  
  • 242
  • 2
  • 2
  • Japanese 
Jul 25, 2015 10:04
 契約はなぜ必要か
 
 契約(商品の売買契約等)は企業取引に必要不可欠なものである。契約は主に有償契約と無償契約に大別できるが、有償契約であってもこれは決して不均衡な関係ではなく、基本的に均衡した関係(対価的関係)にあるのがポイントである。例えば、貸手が利息を受け取っても、これは対価的な関係に立っている。それは、当事者双方が契約の内容を合意し、納得したからだ。そしていったん契約を締結すると、解除は原則としてできない(契約の拘束力)が、債務不履行の場合や両当事者の合意がある場合だけは例外として解除できる。
 でも契約の拘束力こそが契約の重要な要因の一つかもしれない。契約を成立する際、様々な法律関係の問題があるが、商品の売買契約を例として挙げれば、契約の締結の問題、売買の内容及び売主や買主の債務履行の問題、そして有価証券の問題など、様々な問題がある。これらをすべて考慮しなければならない。契約で決めた債務を履行せず、他方に損害を及ぼした場合、損害賠償の請求も認められる為、注意が必要である。