バラエティ番組の好きなところ・苦手なところ

  •  
  • 168
  • 10
  • 5
  • Japanese 
Apr 9, 2019 15:00 水曜日のダウンタウン
バラエティ番組の好きなところ・苦手なところ
僕はテレビが大好きな人間です。アメリカのドラマやコメディーがずっと前から好きで、日本に来てからバラエティ番組も見るようになりました。その中で一番好きなのは今話題の「水曜日のダウンタウン」です。斬新な企画が多いし、浜田と松本のリアクションもなかなか面白いので毎週見るのを楽しみにしています。

水曜日のダウンタウンの魅力というのは、「面白い」と「やりすぎ」との間の曖昧な境界線を常に歩いているところです。それは僕の好きなところでもあるし、苦手なところでもあります。笑

水曜日のダウンタウンが特に得意とする分野はおそらくドッキリです。芸人が持ち寄った「説」を検証するという設定で、様々なドッキリが仕掛けられます。例えば、僕が個人的な好きなのはこれらです。

「ゴルフのルール 知らない人だったらどんなルールを課せられても信じる説」
https://bit.ly/2UqiXB5
「どんなにバレバレのダメドッキリでも芸人ならつい乗っかっちゃう説」
https://bit.ly/2G9x58X

そして、一番話題になったのは、お笑い芸人の「クロちゃん」を扱った企画です。クロちゃんを尾行したり、檻に閉じ込めたり、自宅に隠しカメラを設置したり、明らかに一線を超えた企画ばかりです。それでも、僕は「クロちゃん企画」を見るたびについつい笑ってしまいます。本人が内心で楽しんでいるようだし、例の企画で人気が爆発したということもあるので、僕的には「ギリギリセーフ」です。とはいえ「いや、それは笑っちゃいけないやつだ」と言われても、反論するつもりはありません。

一方、どうしても笑えない企画もあります。それが、いわゆる「説教シリーズ」です。内容は簡単で、様々な状況で、先輩が後輩にめちゃくちゃな説教を喰らわせるドッキリです。例えば、

説教食らった後にカラオケで大塚愛の「さくらんぼ」歌われても、さすがに「もう1回」の合いの手入れづらい説
https://bit.ly/2OZ63nE
(動画は既に削除されているようですが、「水曜日のダウンタウン 説教シリーズ」
を検索するとたくさんヒットするはずです。)

僕にとっては、抵抗するわけには行かない後輩に対してそのような目を遭わせるのは、パワハラやイジメとは全く同じで、「先輩」という立場の悪用です。正直言って、パワハラ行為が許されるというのはテレビだけではなく、社会の苦手のところでもあります。

でも、それはクロちゃん企画で毎回笑っちゃう僕が言うことじゃないかもしれません。(^_^;)

(英文も頑張って書いたので、英語を勉強したい方、または添削のために参照したい方はぜひ読んでみてください。タイプミスがあったらすみません! 汗)
I'm a person who loves television. I've always loved American TV dramas and comedies and since I came to Japan I've started watching variety shows as well. The one I like the most is "Wednesday Downtown" which is creating quite a stir at the moment. The abundance fresh ideas, as well as Hamada and Matsumoto's hilarious reactions make me excited to tune in every week.

What makes Wednesday Downtown so cool is that they always walk a fine line between being funny and overdoing it. This is both my favorite and least favorite part of the show haha.

Hidden camera pranks are Wednesday Downtown's specialty. A wide variety of these pranks are carried out under the guise of investigating "theories" brought in by other TV personalities. Here are a few that I really like:

...

The one's that have caused the most stir feature the comedian "Kuro-chan". The "pranks" involving him include stalking him, putting him in a cage, and installing hidden cameras in his house. Make no mistake: they're all clearly over the line. In spite of this, I still find myself laughing. Perhaps it's because he looks like he secretly enjoys it or that his popularity exploded because of his appearance on the show. Anyway, to me these pranks are just barely acceptable. That being said, if someone told me I shouldn't be laughing I wouldn't disagree with them.

On the other hand, there is one I just can't laugh at. That would be the so called "Scolding Series". It's pretty simple: a hidden camera prank in which the "kohai" is scolded by the "senpai" in a variety of ridiculous situations. For example:

...

To me, doing this to a kohai who is in no position to resist is just straight up bullying, as well as an abuse of the senpai position. Honestly, this being tolerated isn't just something I dislike about television, but society as a whole.

Then again, as someone who always laughs at kuro-chan, perhaps I'm not one to talk.