この話をどこ聞いたか覚えていません

  •  
  • 98
  • 0
  • 4
  • Japanese 
Nov 15, 2009 16:34
ある時、Mr Balls っていう名前の人はいすに座って、いすが壊れたのです。それから、修理できるように、店へ膠を買いにいった。途中で、建築中の建物を過ごすと、屋根板が落ちて頭を打ってしまって、瘤は出てきたのです。

「いたい!」と Mr Balls は声をだした。「何あった?そんな怪我で健忘症が引き起こされることがありますね。ええとね、私の名前は、Mr. Balls だ。今日はうちを出て、店へ......へ?何を買いに行くつもりだったのか忘れちゃった!皿か?タバコ?新しい皿洗い機?」買いたいものを考えようとする間に、屋根板がもう一項落ちて頭を打って, 瘤を頭から出したのです。

「あれ?」とMr Ballsはいった。「危険過ぎる!このところを早く去ったほうがいいと思います。でも、どこに行くつもりだったか?覚えていない!銀行か?映画館?清水寺?」考えているところで、三番の屋根板が項落ちて, 頭に新しい瘤をあげたのです。

「とんでもない!」と彼はいった。「今日どこにも行けないんだ。私は、帰って休みましょう....あの、どこに住んでいますか?出てこない.....しまった......」自分の住所を一所懸命覚えようとしていたから、四番目の落ちる屋根板を気づかなかったのです。

指で4つの瘤を障り、彼は「困ったな。」といった。「でも、いいアイティアがありますよ。電話帳を手に入れたら自分を見つけて住所を......ちょっと待って、私は誰ですか?名前を忘れちゃった!自分の名前でも知らない!何か、Michael Jacksonか?安倍晋三? どらえもん?」

やっぱり、心配する間に屋根板はもう一回落ちて、惨めなMr. Ballsを頭に打って、彼は世界のことを全て忘れて、「ウグウグウガガアア!」と大きい声を出して道を走って行ったのです。

読者さま、もしかしたら、頭で5つの瘤のある原語が話せない人と合えば、「あなたの名前はMr Ballsです。いすを修理するように、店へ膠を買いに行く必要があります。」と教えてください。出来れば、原語の話し方を教えて置いたほうがいい。英語でもいい。お願いします。