美術館の大事な話

  •  
  • 456
  • 1
  • 6
  • Japanese 
Aug 5, 2013 10:52
ミシガン州に住んでいるので、今日はデトロイト美術館(Detroit Institute of Arts)に行ってきました。

知っているかもしれないけど、デトロイト市は貧困率が高くて世界にも有名な犯罪があります。

そして、財政破綻に陥りました。

(悪いかもしれんけど やっぱデトロイトに住まないでよかったわ ( ̄ー ̄)ニヤリ)

それでデトロイト政府はデトロイト美術館の所蔵品の売却が検討しています。

信じられません。

1885年に創設されたデトロイト美術館はファンゴッホやディエゴリベラなど画家の名画があって、コレクション全体での評価額は25億ドル以上そうです。

私は売却前に行かなければならないということでした。

デトロイト美術館は、本当にミシガン州とデトロイト市の大事な秘宝です。
Since I live in Michigan, I decided to go to the Detroit Institute of Arts today.

As you might already know, Detroit has high poverty rates and world famous crime.

In addition, it's currently suffering from an economic downfall.

(it might be bad to say it but i'm really glad i don't live in detroit :D)

Because of this, the government of Detroit is considering selling the DIA's collection.

I can hardly believe it.

The DIA, which was founded in 1885, has a collection which not only includes works by famous artists such as Van Gogh and Diego Rivera, but the collection itself is said to be valued over 2.5 billion dollars.

So I had to go before it's sold off.

The DIA is honestly Michigan and Detroit's hidden jewel.