使い捨ての食器に関する話

  •  
  • 1368
  • 5
  • 3
  • Japanese 
Jul 27, 2011 21:50 Disposable Utensils
昨日は大学生の友達と一緒に遠足に行った。シンガポールの中華街を歩き回ったり、カラオケに行ったりして、とても楽しかったが、なぜか食事の食器が気になった。私たちはある商店街で夜の食事を済ませた。商店街での食べ物を売っている店はみな紙やプラスチックの使い捨ての食器を使っていた。大きいフォードセンターにおける飲食店でも鋼鉄製の食器ではなく、みな使い捨てタイプの食器を使っていた。ちょっと不思議だと思っていた。普通の料理店に行けば、食器類は鋼鉄または陶土でできている。それに対して、なぜその商店街だけで使い捨ての食器が使われているのか。

私の意見では、二つの理由がある。一つは、あの中華商店街はとても人気のある場所で、有名な観光地の一つであるからだ。人出が実に多かった。小さな料理店もギュウギュウニ込んでいた。それで、食器を洗う時間がなかったから、使い捨ての食器を配っている料理屋が数多くなった。二つの理由は、あの商店街はとても古くて、衛生的な施設があまりなさそうであったからだ。それを考えると、ビニール袋にきれいに包装された使い捨ての食器をお客に配ることはむしろより衛生的であったかもしれない。

しかし、いくら便利で衛生的だといっても、私はやはり使い捨ての食器の使用には賛成できない。今は環境について考え、資源を守ることが重要な時代だからだ。行楽やパーティーはともかく、飲食店では使い捨ての食器を使うべきではないと思う。プラスチック製の食器を使えば使うほど、それを全部捨ててしまってゴミを増やすことになる。プラスチックは自然に分解できないだけでなく、燃やすと有毒なガスが発生する。使い捨ての食器は結局環境問題を悪化するのみである。環境にやさしい生き方をしたい私にとって、使い捨ての食器の使用には反対である。

みなさんはどう思いますか。