牛飼い人と織女が会う

  •  
  • 384
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Sep 2, 2016 10:12
昔々、一人で善良の牛飼い人がいました。彼の父は亡くなった後、兄と兄嫁は田畑を占領しました。しか一匹年寄の牛を分配しかなった、家を追い出しました。
牛飼い人は年寄の牛を持って、良く働い荒地を開墾しました。ある日、寂しい牛飼い人は年寄の牛に「今、やっと田と部屋がある、結婚できるなら、良かったですね」と言いました。
思いつかない、年寄の牛は牛飼い人に「私はもともと天上の金牛星でした。あなたのお世話に報いるために、あなたに一つよい方法を告げます。あなたは蓮の花池の側で隠れて、七人仙女が水を遊ぶのを見えます。赤い服さえ持って行けば、願望が実現します。」と言いました。
牛飼い人はこれがやりました。やはり一人で名を織女の仙女は服がなくなっておまったので、天上に飛ばない。彼女は牛飼い人の境遇を知る後、彼を手伝って決まりました。彼達は相愛の夫婦になった、一人息子と一人娘を育って、幸せな生活に暮らしました。
やがて、天帝は空が褪色を発見しました。調べたら、虹そういう彩雲は織女が織って出しました。でも、彼女が凡人と恋愛するので、仕事を遅らせました。持ったれて処罰しました。
牛飼い人は急いで、天秤で二人子供を担って、空を追いました。年寄牛が死ぬ前に、牛飼い人に「私の皮を保存した、使って飛べます。」と言いました。牛飼い人は銀河に追った、渡る方法がない、しか岸辺に守らない。
仙女たちは天帝に頼んで差し上げました。天帝は彼達が毎日旧暦七月七日に、つまり七夕に会います。
この日が来た、カササギは橋一つを架け渡した、牛飼い人と織女の一家が橋で集まらせました。地の人達も再会の喜びが感受しました。それで、この日は恋人に気持ちを表すの日を定めしまた。
牛郎織女七夕相見
從前,有個善良的牛郎,父親過世后,田產都被哥哥嫂嫂霸占了,只分到一頭老牛,就被趕出家門。
牛郎帶著老牛勤勞地開墾荒地。有一天,孤單的牛郎對老牛說:【現在終于有田有屋了,如果能娶個妻子,該有多好哇。】
沒想到老黃牛竟然開口對牛郎說:【我本是天上的金牛星,為了報答你照顧我,告訴你一個好辦法。你到蓮花池旁邊躲起來,會見到七個仙女來戲水,只要把紅色的衣裳拿走,就能達成心愿。】
牛郎照著做,果然有個名叫織女的仙女,因為衣裳不見了,無法飛上天。當她知道牛郎的處境后,決定留下來幫助他。他們成了恩愛夫妻,養育一男一女,過著幸福快樂的生活。
不久后,玉皇大帝發覺天空褪色了,追查發現原來彩虹般的雲霞都是織女織出來的,但她因為和凡人談情說愛,耽誤了工作。被玉帝派天兵天將帶回天庭治罪。
牛郎一急,用扁擔背著兩個孩子追上了天,原來老黃牛過世前,要牛郎保存好它的皮,能用它來飛行。牛郎追到天河邊,沒辦法渡河,只好守在岸邊苦等。
后來仙女們求情,玉皇大帝才準許他們在每年農曆的七月七日,也就是七夕當天相見。
每到這天,喜鵲就會搭成一座橋,讓牛郎和織女一家人在橋上相聚,地上的人們也感受到團圓的喜悅,就把這天訂作對情人表達心意的日子。