古い道で茅を愛でる

  •  
  • 207
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Jan 11, 2017 15:05
秋の季節は古い道を歩くことと茅を愛でることに適合します。生命力が強盛ので、たくさん日当たりの土地で茅が発現できます。茅の体形は優美て、カラーはいろいろな変化です。茅は近い所で遠い所もきれいな景色を見ます。
   茅は台湾で多種野生植物の総称です。その中、「甜根子草」(中国語)はいつも砂州で出現して、「白背芒」(中国語)は低い傾斜地で出現します。中海抜と高い海抜の山間地帯で台湾の茅と高山の茅が見えます。
  葉の裏側は銀白色の茅が「白背芒」(中国語)です。この種類はもとよく見かけます。毎年十月中、下旬茅の穂は赤いです。日光葉茅の穂に照射して、きらきらします。花を咲いて、赤い穂がありません。白いに変化して、雪の景色ようです。
   古い道に歩いて、茅を楽しむだけでなく、昔の人は古跡を残すのを発見できます。風景を楽しまながら、昔の人の生活を想像します。
有名な茅を楽しみの古い道
魚の古い道:陽明山の国立公園中に位置します。この道は清朝の石門で、金山の居住者は魚を運びの要路です。古い道は南と北二段に分けます。北の方は茅を楽しむのを適合します。
「草嶺」(中国語)古い道
   古い道は新北市度宜蘭県が跨ります。歩道で瀑布と奇異な岩と石碑があります。
「小锥麓」(中国語)古い道
   新北市瑞方山間地帯に位置して、昔銅を精錬する工場は水源を接ぎの水管道路です。ある段の地勢は花蓮の「锥麓古道」と同じので、この名前があります。
走古道賞芒花
秋高氣爽的天氣最適合走古道、賞芒光。由于生命車強盛,許多向陽的土地上都可以發現芒光的蹤影。芒光身形優美,顏色變化多,近看、遠看都是漂亮的景色。
在臺灣,芒光是多種野生植物的統稱。其中【甜根子草】常在沙洲現身,【白背芒】出現在低緩的坡地,而中海拔和高海拔山區,可以分別看到【臺灣芒】和【高山芒】。
葉背為銀白色的【白背芒】最常見,每年十月中下旬,芒穗呈現紅色,在陽光照射下閃爍耀眼的光澤,開花后,紅色的化穗不再,轉成白茫茫一片,宛如雪景般美麗。
走在古道上,不僅可以賞芒,還可以發現前人留下的古蹟。一邊欣賞風景,一邊想像古人生活,肯定是收獲滿滿的旅程。
知名賞芒古道
魚路古道:位于陽明山國家公園內,是清朝年間石門,金山居發運送魚獲的要道。古道分南北兩段,北段較適合賞芒。
草嶺古道
古道跨越新北市和宜蘭縣。步道上有瀑布、奇岩等自然景觀,也有石碑等古蹟,景觀變化多。
小錐麓古道
位于新北市瑞芳山區,是昔日煉銅廠接引水源的水管通道。由于某段地勢就像花蓮【錐麓古道】一樣險峻,因此有這個名字。