中秋節に月見をする

  •  
  • 240
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Sep 18, 2016 03:17
毎年の旧暦八月十五日は中秋節で、華人の伝統節句です。この晩皆は家族と会います。一緒にザボンを剥いて、甘い月餅を食べして、丸の月を楽しみます。皆は毎年この日に会えます。
昔々から、華人はいろいろな中秋節について物語を伝播しました。その中、最も有名な物語は「嫦娥が月を登る」、「兎が薬草を砕く」、「吴刚(中国語)がシナモンの木を切る」です。
この三つ物語は英雄后羿(中国語)の妻嫦娥が長生きして取らないの薬を飲んで、仙女にたって、月に飛んで入りましたと友達ために死んだの兎が神仙は月に送れた、月の神とお供しましたと仙術に惑溺した、生業に就かない樵の吴刚(中国語)は月に送れた、三本永遠倒れないシナモンの木を切りましたのを述べます。
今まで、華人は月に楽しむ時、嫦娥と兎と吴刚は月に住んでいるのを想像します。
每年的农历8月15日是华人的传统节日——中秋节,大家会在这天晚上与家人团聚,一起剥机上子吃,品尝甜甜的月饼,欣赏圆圆的月亮,彼此祝福每年的这一天都能够月圆人团圆。
自古以来,华人就流传着许多与中秋节有关的故事。其中最有名的,就是【嫦娥奔月】、【玉免捣药】和【吴刚伐桂】这三个故事了。
这三个故事分别述说英雄后羿的妻子嫦娥吃下长生不老药,成为仙女飞入月宫,为了朋友牺牲生命的兔子,被神仙送上月亮,陪伴月神。沉迷仙术,不务正业的樵夫吴刚,被送上月球砍伐一株永远不倒的桂树。
直到今天,华人在欣赏月亮时,都还会想像着月亮上住着嫦娥,玉兔和吴刚呢!