美女と車-My made up fairy tale

  •  
  • 567
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Oct 20, 2011 08:31 私の作文 students 日本語のクラス 大学 students japanese

2004年ビルという男がいました。ビルは高い車が大好きです。彼は誰も彼の車に乗せませんでした。
 
ある雨の日に彼は怖い町を運転していました。

この町は黒くてとあれています。でも、彼はまだ運転していました。

運転中に彼は老人を見つけました。彼は顔をしかめ、老人を渡らせました。

かれは「ばかな老人!この道は危ないのに」と言いました。突然、彼は、彼の車の中で老人を発見ました!「あ

あ!私の車から降りろ!」男は叫びました。 老人は「いいえ~いいえ~~ぼくの車に乗って家に連れて行けな

い!」と言いました。

老人は、明るい光になりました! 明るい光は「ビル!!!おまえはとても利己的な人です」と言いました。ビルは

恐怖で凍りつきました。「ごめんなさい!ごめんなさい!」と言いました。明るい光は「2秒でおまえは車になりま

す!ビル!だれかに乗せると、再び人間になります!」といって、消えました。

「待って!僕は車になりたくない!待って!」とビルは言いました。でももう誰もいませんでした。

 彼はどうすればよいのでしょうか?

つづく!!