つまらないものですが、これは先行研究の一部です。よろしくお願いします。

  •  
  • 51
  • 4
  • 2
  • Japanese 
Nov 10, 2017 18:46
王桂坪(2013年)は文献学の視角から楊氏の『論語訳注』の注釈と引用を整理してまとめた。『論語訳注』と『論語新解』を比較して、注釈の視角を分析し、『論語訳注』の特徴をまとめた。蔡莱莉と柳宏(2014)は新しい時代に向いて、楊氏は自覚的に伝統的な注釈の方法を変えて、事実を求めるのはいいと思う。瀋小燕(2010年)は古代の何晏の『論語集解』、朱子の『論語集注』、劉宝楠父子の『論語正義』;現代の楊伯峻の『論語訳注』、李澤厚の『論語今読』、于丹の『于丹の論語理解』を詳しく読んで、古今の視点から文字の訓詁と解釈を考察した。異なる部分を探して、また原因を分析し、古典を解釈するときの規則や注意事項を検討した。
万礼(2014)は日本の漢学家金谷氏及びその秦漢思想史研究をまとめた。岩波書店が出版した『論語』や『孟子』などの訳注は一般の読者に向くが、現代日本語の訳し方、考証、注釈などの面では繰り返し推敲し、原籍を参考として出てきた。
張海珍(2011)は朱子の『論語集注』と劉宝楠の『論語正義』を対照として研究した。注釈の方法や内容を対象として比較し、原因を分析した。労翠月(2013)は伊藤仁斋と荻生徂徠の解釈をそれぞれまとめてから、比較した。
しかし、『論語』について中日解釈の研究はまだ少なく、研究する余地がある。本研究では、解釈・注釈この両側面を中心にその差異について考察を行って、原因を分析することにする。