How to Use さっぱり -2

  •  
  • 286
  • 2
  • 2
  • English 
Oct 25, 2015 08:06
How to Use さっぱり -2

彼の説明はまったく分からない。 I don’t understand what he’s explaining at all.
彼の説明はさっぱり分からない。 I don’t understand what he’s explaining at all.

さっぱり adds the nuance of the speaker’s disappointment. What disappoints people is something that people cannot control by their volition, so さっぱり is used with a non-volitional verb like わかる. The following conversation will help you understand the correct usage of さっぱり.

Sayaka: 昨日、新宿で起きた通り魔事件のこと、知ってる? Do you know something about the street violence which occurred in Shinjuku yesterday?
Hiroshi: なにそれ。まったく知らない。 What’s that? I haven’t heard about it at all.

知る is a volitional verb while わかる is a non-volitional verb: You cannot replace まったく by さっぱり in this case.
彼の説明はまったく分からない。 I don’t understand what he’s explaining at all.
彼の説明はさっぱり分からない。 I don’t understand what he’s explaining at all.

「さっぱり」には話し手の落胆のニュアンスが含まれます。人は物事が思うようにいかないときに落胆します。ですから、「さっぱり」という副詞は無意志動詞と組み合わせて使われることが多いようです。上の例で出てきた「わかる」というのも典型的な無意志動詞です。理解の助けになると思いますので、会話の例をもうひとつ示しておきます。

Sayaka: 昨日、新宿で起きた通り魔事件のこと、知ってる? Do you know something about the street violence occurring in Shinjuku?
Hiroshi: なにそれ。まったく知らない。 What’s that? I haven’t heard about it at all.

「知る」は意志動詞ですので「さっぱり」は使えません。