脚本の一部(9)

  •  
  • 57
  • 4
  • 1
  • English 
Jul 9, 2018 12:02
This is one of the part of the play based on "West Side Story".
Funakoshi : Ao, I was helped by you. My parents died and my relatives took me along to their home. However, I suffered from sexual violence there. Because of it, I left their home suddenly, but nothing changed. Strange old men were coming to me. So, I had to change the place where I slept. One night, I waked up to noticed a strange man next to me. I got scared to run away from here, but I freeze with terror.
Then the man spoke to me softly, ‘Are you OK? Do you have nowhere to go? Do you come to us? ’. He was you, Ao. No one cared about me except for you. After then, I’m sure that you are my true brother.
フナコシ : アオ、あたいはあんたに助けられた。
あたいの親、どっちも死んで、親戚に引き取られたんだけど、
そこの親戚のおっさんにいやらしい事されてさ。
それが嫌で嫌で、家を飛び出したんだ。
でも、結局、家を出ても同じだった。
どこ行っても知らないおっさんが近づいてきてさ。
だから、あたい、用心して毎日寝るところを変えてたんだ。
でもある夜、ふと目が覚めたら知らない男が側に座ってて、
あたいびっくりして逃げようとしたんだけど、怖くて体が動かないんだ。
そしたら、その男が、優しく話しかけてくれてさ、「どうした?行くとこないのか?」って。「俺らのところにくるか?」って。
アオ、それがあんただよ。
それまで、あたいのこと気にかけてくれる人なんか一人もいなかった。
あん時からあたい、あんたのこと本当の兄貴だと思ってるよ。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app