To be a good Japanese language teacher #1697

  •  
  • 65
  • 4
  • 3
  • English 
Oct 2, 2017 20:43 fact thought(s)
Today, I finished reading a book titled “Tatsujingaoshieru Nihongokyouikunouryokukenteishiken Kanzenkouryakuhou” written by Hideo Okada.
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784893585714

A good way to be a good Japanese teacher, we should think why a certain Japanese expression isn’t used even though it is grammatically correct, when we bumped into an unnatural Japanese expression.”

Also, when we correct such an unnatural expression, we should:
(1) To show the better expressions,
(2) To tell where the original expression can be used, and
(3) To show the differences between the original expression and corrected expression.

I’ve used Lang-8 for a long time, but I don’t think I did (3) so often. I thought I should those three steps as much as I can.

今日、岡田英夫著の「達人が教える日本語教育能力検定試験完全攻略法」を読み終えました。

良い日本語の先生になるには、文法的には間違ってはいないけれども、そうは言わない不自然な日本語に直面したら、それはなぜなのかを内省してみること。

また、そのような自然ではない表現を添削する時、
(1) 「こっちの言い方がベター」
(2) 「その表現はこんな場面ならOK」
(3) 「違いを説明する」
の、3点セットで考える癖をつけること、と言っています。

Lang-8を結構使っていますが、3番目はあまりしてこなかったなあと思いました。できるだけ、この3段階で添削しようと思いました。