The most important thing when you learn other language

  •  
  • 490
  • 14
  • 4
  • English 
Feb 20, 2013 13:48
When I was a student, an American teacher asked us how to make mochi. We needed to explain about how to make mochi to him and it seemed be very complicated to explain for poor English speakers.
Mochi is a rice cake. After we cooked rice, we put it into a mortar and pound it with a pestle. However we didn't know these words, "mortar" nor "pestle" so even the smartest girl in our class couldn't explain how to make mochi.
Suddenly a girl raised her hand and she gestured as if there was a big bucket there and said "Rice? OK?" to the teacher. Then she genstured again as if she hits the bucket and yelled, "Attack! Attack! Attack!"
Everyone laughed at this. But I guess the most important thing when we learn other languages is that not only grammatical things and vocabularies, but also positive intent that you want to express something. Don't hesitate to express your feeling in other languages.

For your information, after the class, she got a new nickname, "Rice Attack."
私が学生だった時に、アメリカ人の先生が餅はどうやって作るのかと尋ねました。私達は先生に餅の作り方を説明する必要があったけど、それはあまり英語が上手ではない人たちにとったらとても複雑なことのように思いました。餅というのはライスケーキのことです。ごはんを炊いたあと、それを臼にいれて杵でつくのです。だけど、私達はこれらの言葉、臼とか杵とかを知りませんでしたし、それにクラスで一番頭の良い女の子でさえ、もちの作り方を説明することができませんでした。
突然、ある女の子が手をあげて、そこに大きなバケツがあるかのようなジェスチャーをしました。そして、「ごはんだよ。いい?」と先生に言いました。それから、彼女は再びジェスチャーでバケツをたたくような仕草で「アタック!アタック!アタック!」と言いました。
皆んなはこれをみて笑いました。でも、私は私達が別の言語を学ぶ時にもっとも大切なことは、文法的なこととか、ボキャブラリーとかだけでなく、何かを表現したいという強い意志だと思うのです。
別の言語で自分の気持ちを伝えることをためらわないでください。

ちなみにその授業の後、彼女は新しいニックネームをつけられました。
「ライスアタック」です。