糸数アブチラガマ

  •  
  • 1267
  • 3
  • 4
  • Japanese 
Jun 20, 2013 23:13
今日、糸数アブチラガマ(沖縄にある自然洞窟)に見学して回った。沖縄戦時、沖縄住民と日本軍は陣地壕や倉庫として使用され、戦場が南下するに連れて軍病院の分室となった。全長居270mの洞窟の内には600人以上が埋め尽くれた。

非常に印象的な出来事だった。

そして、明日まで感想文を書かないといけないので、下の文章をチェックしてくれば、ありがたいのです。

「戦争の用について少し学んだことがあり、私はガマをじかに見て環境を分かるようにしたかった。」


「見学の前に、沖縄の歴史を勉強したり歴史的な映画やドラマを見たりことがあったで、沖縄戦が終わり近づく時、日本軍は防御のためガマを使用したのを知っていた。さらに、沖縄の住民の「集団自決」と呼ばれた集団死について少しい知っていた。」

「◯◯さんの話で、一番印象に残った話のは、ガマの最も深いところに、みんなを電灯を消すように言てから、当時の環境について考えるようにしたとき。非常に印象的な話だ’ったと思う。」

「実際にガマに入って、◯◯さんの話で,当時の恐ろしい環境を聞くに衝撃を与えた。ガマに埋め尽くした人の気持ちをまるで想像がつかない」

できるだけ、自然書き直せれば良いー厳しいでもいいです!




(Just the Kansoubun sentences)

~~

I had learned a little about the caves but wanted to see them first hand and come to better understand the conditions (of people sheltering in them at the time).

Before this trip, through learning about Okinawan history and watching historical movies and dramas, I knew that the Japanese Army had utilised(英) the caves for defense during the closing stages of the war. I also knew a little of the so called 'Group Determination' or collective suicide.

The part of --san's talk that left the strongest impression came when we were in the deepest part of the caves and were asked to turn of our torches(英) and consider the conditions at the time. I thought it was very powerful.

Entering the caves and listening to --san's talk about the horrific circumstances struck me profoundly. I can't even begin to imagine the thoughts going through the heads of those there at the time.

~~