通訳・翻訳の必要性

  •  
  • 3865
  • 3
  • 2
  • Japanese 
Mar 31, 2011 02:28
世界の各国には、それぞれ独特な文化風習があります。そして、ある国の文化を知るために、言語が最も近道だと思います。言語を通じて、いろいろな分野に触れ、様々な世界が見られます。私にとって、異なる言語に関わる仕事は通訳・翻訳だと思っています。その仕事は本当に面白いですが、とても難しく、沢山の必要性を求めることです。

通訳・翻訳とは二つ以上の様々な言語を用いることで、ある言語から他の言語へ変換することです。それは、人々を世界中に架け橋のようです。通訳者・翻訳者にとって、大切なことは、高い母国語能力と外国語能力がよく理解することです。多くの人は通訳・翻訳の時、問題の内容を理解することが出来ますが、他の人が分かりやすいために、その人達はその内容から母国語へ変換する方法が分かりません。だから、専門用語を向上するとともに、自分の母国語を修めなければならないと思います。そればかりか、歴史や伝統、思想や風土、美意識などの知識も精通した方がいいです。そうしたら、通訳・翻訳に好都合があります。

通訳・翻訳の内容に対して、忠実性も必要です。通訳・翻訳の時に分からない事があったら、自分で勝手に判断したり、内容をこまかず、省略したり、行動したりしてはいけません。いつもちゃんと聞いた方がいいです。そして、何か起こったら、自分の非をちゃんと認めた方がいいです。それは、同じ点ですが、通訳・翻訳の間に、必要性が違います。

その方式や形態によって逐次通訳、同時通訳、ウィスパリング通訳など数種類に区分されます。だから、通訳者に対して、対応能力とはっきりとした記憶力がとても必要です。通訳者は、どんな場合でも、おどおどしないでいつも立ち回りがうまいです。更に、それと言語能力以外、一番求められている能力がコミュニケーション能力です。それは人間関係の礎だと言われています。通訳者はいつも人前で自信を出して、大声で話者の内容を忠実に伝えた方がいいです。通訳者は、いつも話者として相手に話者が伝える内容を通訳しなければなりません。通訳の時は、それを油断したら、誤解を両方に与える事が出来ます。通訳者として、誤解の両方を取り除ければ、取り除くほどいいと思います。

翻訳は、通訳の割に、時間のプレッシャーがいっぱい環境の下に働きません。翻訳者に対して、通訳者のようにコミュニケーション能力は必要がありませんが、一番求められる事は、注意深さと気配りです。そればかりか、文法の高精度、文章を練る事が必要です。一理間違ったら、失った千里だと思っています。更に、翻訳の時、守秘義務がとても大切です。翻訳者はいつも両方の秘密をちゃんと守らなければなりません。

つまり、通訳・翻訳の難しさは人によって、違います。大切なことは、忍耐と勉強を怠らないことです。努力すれば、誰でも成功します。それを信じてください。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app