????

  •  
  • 1397
  • 2
  • 3
  • Japanese 
Mar 21, 2011 21:14

人間は、貧乏な家庭に生まれるか裕福な家庭に生まれるかに関わらず、誰でも自分の夢を持っていると思います。夢は、時間が経つにつれて、変わります。成長するまで、自分の夢を持ち続ける人もいますが、何かの理由で途中でやめる人もいます。私にとって、夢と言うのは将来の目標です。

私は外国語や法律が大好きです。子供の頃からの夢は、弁護士になりたかったのです。番組を見るたびに、何となく弁護士の役割を尊敬しました。弁護士は証拠を通じて、自分の判断と簡明な立論で、白を黒に変えることが出来ます。弁護士は法律というのは、正義だと考えます。法律のハンドルを握る人のような弁護士だと思っていました。彼らは右とか左に曲がる時も、立ち回りがうまく、自由に対応できます。私にとって、弁護士も天使のような存在です。天使はいつも人にいいこげとをもたらします。私は立派な弁護士に憧れた事があります。知識と心で人を助けられます。残念なことは、私が父から強硬な反対にあってもらって、中国語を勉強されることです。私は女性だから、法律より外国語を勉強した方がいいと母が励ました。しかし、私は父の反対を押し切りたいために、日本語の勉強に敢行しました。


日本語はとても難しいと言われていますが、私は彼らの考えほど日本語があまり難しくないと感じています。それは私が中国人系のベトナム人からではないでしょうか。実は、日本語は勉強すればするほどとても面白いです。私は日本語のきれいな言葉や日本の文化を引き付けられました。私にとって、日本や日本語に夢中になる気持ちは激流のように激しくて、絶対に止めることが出来ません。私は将来、英語や日本語や中国語などの外国語と法律に関わる仕事をしたいと思っています。卒業したら、法律を勉強するつもりです。しかし、今の私は弁護士になりたくない、外国語を使って外国企業に法律のコンサルタントになりたいです。現在、ベトナムの経済情勢は段々発展してきているので、ベトナムに投資したい外国企業が増えてきています。そして、ベトナムに投資するからには、ベトナムの法律を理解するべきだと思っています。そのコンサルタントは、簡単ではないと分かっていますが、やってみないと、本当のチャレンジができません。更に、私達はただ口先で成功したいといっても、最後まで頑張らないで、自分の目標は絶対に実現しないではないでしょうか。

皆さんは将来、通訳者・翻訳者になりたいつもりであれば、今から、ちゃんと日本語を勉強した方がいいです。日本語の中で、聴解が一番難しいと思います。だから、聴解のために、みなさんは毎日毎日このサイトを使ってください。一ヶ月が経って、皆さんの言葉だけでなく、聞き取りの技術も向上されます。卒業するまでに、皆さんは日本語がぺらぺら話せるでしょう。そして、その時は、高い給料でいい会社に入ることは本当に簡単なことです。そのため、今から、自分の目標を持って下さい。二級に狙ってください。将来の事のために、力の限りに精一杯頑張ってください。そして、途中で困難があっても、絶対に諦めないで最後まで頑張って下さい。失敗とは自分の夢と向上心を諦めないべきわけではなく、精一杯限り頑張ることです。私にとって、世の中には失敗というものはなく、チャレンジしているうちには失敗もなく、諦めた時が本当の失敗です。

何時の間にか四年生になりました。つまり、先生が四年間を通じて、私達のために苦労しているのです。先生の愛が私達の涙を誘っています。実験実習のレポートを通じて、その愛に心から感謝したいと思っています。そして、我々の大学は、有益な活躍や面白い遊び場を外国語学部・日本語学料の学生達に行うことが出来ることを望んでいます。それは日本語クラブ、日本語コンテスト、日本語筆記試験、ベトナムと日本の文化祭日などです。実は、多くの学生はいろいろな理由で日本語を勉強することにしました。その理由は、趣味や家族に強引されることや偶然に含まれます。私が知っているかぎりに、将来の仕事に気が重い日本語学料の学生達が増えてきています。通訳・翻訳以外、彼らは入社する時、日本語資格だけで何が出来るかどうか、全然わかりません。多くの企業は、応募者に高い要求を求めていますので、様々な分野を知れば知るほど、好都合があって、いい仕事が出来ます。だから、大学は学生たちの方からの質問を解答し、話し合う授業があったほうがいいです。そればかりか、もしよかったら、我々の大学が工業団地や輸出加工区に会社への見学を行った方がいいと思っています。その見学はお金がかかりますが、学生達は、そこで様々な分野からの知識を向上し、会社の仕組みや製造プロセスなどを理解することが出来るはずです。そして、特に実験実習のために、我々の大学も会社に組み合わせる計画を作成することです。そうしたら、我々の学生達は、十分な知識や完全な考えを持ちます。