インターシープ

  •  
  • 1342
  • 7
  • 4
  • Japanese 
Feb 19, 2011 16:39
人間は、誰でも学生時代には楽しいことがいっぱいあります。それは一生の忘れられない瞬間です。しかし、学生達にとって試験ほどいやなものではありません。そればかりか、学校に出る前に、実験実習をするべきです。多くの4年生は実験実習が難しいと思います。実験実習の時、実力のある人か、乏しい経験のある人か、何でも明らかになりますからです。しかし、実験実習のおかげで、学校での知識だけでなく、生きた知識や経験も身につけることができるという考えがあるようです。

ところが、あなたにとって学校での知識が大切ですか、それとも実際での知識が大切ですか。そのように聞かれると即答できる人は少ないはずです。私にとって実際での知識が大切だと思っています。実際での知識とは学校での専門知識だけでなく、生き方や経験も含まれることなんだからです。
私の考えでは、あなたが学校で優秀な成績で卒業しても、乏しい経験のある人だ思われて、いい仕事を見つけられない恐れがあると思います。もちろん、それは人間関係やラッキーや経験などの沢山の原因に強く支配されるのを知っております。例えば、ある人は実力も経験もありませんが、いい仕事ができます。しかし、その場合はあまり多くありません。

最近、ベトナム企業だけでなく、多くの外国企業も実力主義・.成果主義を揚げ、すぐに結果を出せる人が欲しがっています。そのため、言語能力や経験のある人を採用する企業が増えてきています。現在、多くの企業は、応募者に高い要求を重視していますので、いい仕事を探すことはとても難しくなってきます。そして、卒業したばかりの学生としてどんな会社が採用しているか、どんな会社がいいか、全然分からないと思います。ですから、実験実習期限のまでに、殆どの大学が学生達を企業に紹介します。学生達が何の理由かである企業に目をかけられると、彼らがその会社で働き続けることができます。それは実験実習からのラッキーなことではないでしょうか。さらに、実験実習を通じて、いろいろ勉強になります。そのため、実験実習が私達を変えるかもしれないと思います。そして、実習の環境はそんな無限の可能性を秘めた、混沌とした知的空間なのです。

私にとって、実験実習は本当に必要だと思っています。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app