耳なし芳一、現代のバージョン (Houichi the Earless, Modern/Contemporary Version)

  •  
  • 2451
  • 33
  • 14
  • Japanese 
May 28, 2012 09:35
むかしむかし、山口県に、阿弥陀寺という真言宗のお寺がありました。
Long ago, in Yamaguchi Prefecture, there was a Shingon Buddhist temple called Amidaji.

そのお寺に、芳一という盲人のびわ弾きがいました.
There was a blind biwa player at this temple named Houichi.

源平の物語を演奏するのが得意でした。
His forte was performing the Gen-Pei story.

地方の神々だって、この演奏を聞くと、感激の涙を流しました。
Even the local gods were moved to tears when they heard this performance.

お寺の和尚は芳一の熟練にとって嫉妬で気が変になりそうになりました。
The priest of the temple became insanely jealous of Houichi's skill.

ある日、激高して、芳一に両耳を切り取りました。
One day, in a fit of rage, he cut off Houichi's ears.

そして、人からどう思われているのか気にしました。
Then he was worried about what other people would think about what he had done.

だから侍の鬼の作り話をして、芳一の体に筆で経を書きました。
So he made up the story of the samurai ghost, and painted sutras on Houichi's body.

和尚のうそは世代から世代へと伝えた物語です。
The priest's lie has been passed down from generation to generation.