ケーキを作りたい!

  •  
  • 308
  • 4
  • 7
  • Japanese 
May 7, 2012 20:14
ごめん、本当に変なはんしですが、これは宿題のかんじをできるだけストリーを作らなければならない^^;;



昔、「マイケル」と言う怠惰な学生がいた。毎日朝起きて、ゆっくり制服を着て、朝ご飯を食べてから出かけるようになった。いつも学校に遅くれた。授業でも雑誌を読んで、宿題も全然出せなかった。しかし、怠惰にもかかわらず、彼はいつも成績がクラスで一番だった。そのため、生徒たちにあまり人気がなかった。

両親はお父さんの会社の近くにすんでいたので、マイケルは一人で住んでいた。生まれてから、両親はほとんどいないから、もうなれた。学校を卒業したら、お父さんが彼に会社で働かせるつもりだけど、マイケルはそれをしたくないと考えった。毎月、両親に電話して、ほかの仕事ができるかどうか聞いて見たが、答えはいつも「ノー」だった。

ある日、町のまわりを散歩するようと思った。静かな通りを歩きながら、小さい喫茶店から良いにおいがした。入ると、色々なケーキを売っていたが、誰もいないようだった。店を去ろうとしたとき、突然カウンターの後ろに女店員が立ち上がった。「どうぞ、座ってください」と言われたから、椅子に座った。すぐに、コヒーとケーキを持ってきた。「これは自分で作った!食べてみて!」と彼女は微笑みながら言った。

普通なケーキに見えたが、マイケルが食べたら、びっくりした。これほどおいしいものが食べたことがない。彼女にどうやってこんなおいしいケーキを作ったかと聞いた。小さいころから彼女がケーキを作りたいとずっと思っていたので、毎日練習した。二人が長い間話して、食べ終わったから、彼女の親切なもてなしに感謝して、家に帰った。

毎日学校が終わったら、喫茶店に来て、色々ケーキを食べて、喫茶店でほとんどの時間を過ごした。そして、彼女が彼に料理も教え始めた。卒業した後で、パティスリーチェフになることに決めたから、フランスに引っ越してフランスの料理を習ってきた。毎月喫茶店の店員に手紙を書いて、新しいケーキを送ったが、彼女が返事しなかった。

3年後、マイケルもうフランスで有名なパティスリーチェフになってきた。両親が彼を自慢していた。彼が彼女に会いに行きたかったから、帰宅した。しかし、喫茶店に行ったとき、廃屋のように見えた。近所によると、彼女が飛行機事故で死んでしまった。悲しんだのに、彼女の営業を続きた。