書き物

  •  
  • 277
  • 3
  • 3
  • Japanese 
Nov 6, 2012 05:55
何かを書くのは知っていない。だけど、書かなくてはいけないです。

...


アメリカに台風はありました。僕は台風にいませんけど僕の大切な友達が台風にいました。

僕は「タッピ、タッピ!台風を来るんだ!逃げろ!死んではダメだ!」と言っました。

タッピは「バカか?あたしは大丈夫だわよ。ボストンに強い台風へ来ない、弱い台風だけへ来るのわ。」と返信しました。

僕は「ダーダーだが、台風は台風だろうな!全部の台風は危ないから台風なんだ。 トロピカル・ストームは台風になるとストームの風の速力は74MPHになったぞ。」と言いました。

タッピは「それは実だけど外に行かないと無事でしょうか?安心しなさい、あたしは絶対大丈夫だよ!」と言いました。

次の日、タッピに台風をきました。台風の中にタッピは「やばい、たくさんな宿題がある!」と言いました。

僕は「あなたは本当にいい学生だな。台風の中に、あなたはまだ宿題をするな。”グヅグアル”」と言いました。

タッピは「うるさい、バカ。宿題をしなくてはいけないだから。」と言いました。

後でタッピの寮の警鐘を鳴きました。タッピは「めんどくさいけど行かないといけない。」と言いました。外にタッピは「嫌だよ!雨が好きだけどそれはちょっと...」と言いました。

僕は「雨がいいけど風が悪いと思う。気をつけて、タッピ!」と言いました。

タッピは「はいはい、分た分た。」と言いました。

それ後で、タッピは無事でした。

僕は題名が「最強の心配性の人」になるべきだ。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app