三味線 第二部

  •  
  • 860
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Jul 22, 2010 00:10
  三味線第二部

 細竿は長唄や歌舞伎や文楽などに使われる。長唄にたいてい、一つの三味線か多い三味線があり、いつも歌もある。長唄の速さ比較して速くて、遅い過ぎない。普通の人達が行かれることは許したので、江戸時代に歌舞伎は人気になった。歌舞伎と文楽も劇だ。劇が行った時に三味線がよくある伝統的な楽器の管弦楽は音楽を弾く。たいてい、劇の歌曲の速さは遅い。地唄は中竿が使われる。地唄というのは地方の曲だ。スタイルと楽器、速さは曲によって違う。通例、琴と尺八、三味線も使われる。津軽三味線は現代の太竿が使われる。

また、読んでくれてありがとう。