カナダ物語123部

  •  
  • 608
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Jun 25, 2011 07:43
カナダ物語123部
第一次世界大戦
226ページ
「家の戦争」
カナダで一般市民は、戦争の動力のために骨身を惜しまず働きました。兵隊を食べさせるために数トンの牛肉と麦を海外へ送り出しました。早く建てられた工場で銃弾、迫撃砲、飛行機、船などを出産しました。人々は愛国歌を歌ったり戦争債権を買ったり「アソコ」にいる軍隊人のためにタバコやお菓子を寄付したりしました。多くのカナダ人はドイツ製の物に見下し、ドイツ系カナダ人はイギリスに対して忠実を見せなければならないと感じました。オンタリオ州のバーリンという町は、英国戦争大臣から「キチナー町」に名を改め、ドイツ皇帝の象が湖に捨てられました。アルバータ州の“カルスタード”という町はドイツらしい名前だから、アルバータ州の市民がイープル戦場にカナダ軍隊のイギリス司令官から「アルダソン町」に名を改めました。

多くの男性が出征したから、女性は国の経済に手伝いました。協会で集まると数限りないカーキ色なウールで包帯、ソックス、セーター、マフラーを編みつけました。さらに、女性は伝統的な男性の仕事をし始めました。終戦前に3万人の女性は、軍隊物資や戦争工業でー日十時間働いていました。女性も農民になりました。戦争中の夏にオンタリオ州で2000人の高校女性と大学女性は、キャンプやホステルで泊まり収穫を取り入れに手伝いました。

戦争が勃発すると多くの女性は海外で看護婦として志願しました。3000人以上の白いベールをかかったナース・シスターという看護師が将校としてカナダ軍隊に入りました。塹壕の近く後ろの危ない戦場病棟、またはフランスかイギリスで病院に勤めました。制服は青いので兵隊に「ブルー・バード」と呼ばれていました。

女性の動力は強かったから、もっと政治的な権利は当然と思う人が多くなってきました。女性団は、改革政府、禁酒、女性投票権を主張しました。終戦前に女性が国選挙とほとんどあらゆる州選挙で投票権を授けられました。女性による戦争動力の支援は、公的にもっと完全的に参加できるチャンスになりました。にもかからず、女性団も平和運動の中心で勢力しました。フェミニスト=ネリ・マクラングは「戦争は男性による犯罪です」と書きました。ローラ・フーズは、伯父サー・サム・フーズ市民軍大臣なのに、ずっと戦争反対に疲れを知らずに戦いました。

下の写真:オンタリオ州のバーリン町は「キチナー町」に名を改めた時、ドイツのウィルヘルム皇帝の象を湖に捨てました。しかし、皆はそんな行為に賛成したというわけではありませんでした。この市民は湖から象を取りだしました。

下の絵:第一次世界大戦中、いちいちの家庭動力は戦争動力に大切だと説くポスターがありました。

写真の上:戦争中男性農民が少なくなってきましたから都市女性は、収穫を取り入れに手伝うために募集されました。