カナダ物語88部、後半

  •  
  • 275
  • 1
  • 2
  • Japanese 
Feb 23, 2011 09:18
[1860年代のカナダの]新聞の中でいつも政治のニューズがありました。イギリス政府は、まだ植民地を治めたが、植民地の当選された会議員は、地元の事を取り扱いました。すべての植民地では、一番投票を貰った党のリーダーが、首相になりました。だから、さまざまの党が投票のために激しく戦い合いました。多くの植民地の中で皆の有権者は、公に立ってどちらの党を応援すると発表しなければなりませんでした。他の党の応援する人は、よく叫んだり、脅かしたり、当選を止めるためにいじめようとしました。さらに、男の人しか投票権できませんでした。多くの男の人からすれば、女の人の父や夫が女の代表だから、女の人自身、投票権は必要はないと主張しました。実は、普通の男の人も投票権ありませんでした。十分の土地を持っている男の人しかできませんでした。

多くの新聞編集者と新聞所有者は、政治家でした。ジョージ・ブラウン――背が高くて赤毛でうるさいスコットランドで生れたトロントに住んでいた編集者政治家の一人でした。彼は、英国北アメリカはの一番人気の新聞“ザ・グローブ”(地球)の発行者でした。それに、カナダ・ウェスト(現在オンタリオ州)のリフォーム党のリーダーでした。彼は、情熱的で率直な人でした。1864年の夏の日に、彼は、プリンス・エドワード島でカナダの政治家を集めて大事な会議を行わせていました。

前のページ
1867年7月1日、ドミニオン・ディ(現在カナダ・デイ)のたいまつの光パレードがあります。オンタリオ州のベーリン市(現在キチェナー市)のキング街路とクウィーン街路の交差点です。新消防車を見せているボランティア消防士を見ているニュー・ハンバーグ市民軍中尉は、その日の朝で軍隊パレードで、もう行進しました。

(失礼します。インタネットでその絵を探そうとしたが、見つけませんでした。)

絵の下
1860年、ウェールズ皇太子は、オタワ市を訪問した時、彼のために楽しいことの一つは
“木材滑り台”が建つことにされました。
写真:
〝木材滑り台”