カナダ物語85部

  •  
  • 785
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Feb 18, 2011 07:55
カナダ物語85部
ゴールド・フィーバーの人物
157ページ

[黄金畑]のカリブー群に着くためにオーバーランダー[上陸人]という団は大陸を渡って出発しました。男グループの中で夫と子供と一緒に一人の女の人カサリン・シューバートもいました。団長は、ナイアガラ町の店長トマス・マミキンが選ばれました。オーバーランダー団は、馬車の中で大草原を渡って大変にたくさんの危ないところを乗り越えました。結局、マミキンが全団を無事にブリティッシュ・コロンビアへ導きました。カンルプス町に着くと、次の日にカサリン・シューバートは、ローズという女の子が生れました。

話が違います。カナダ・ウエスト[現在オンタリオ州」のグレンゲリー町のジョン・カメロンという人は、カリブー群で有名になりました。1861年、カリブー群の豊富な黄金のニューズがグレンゲリー町に広がって彼と妻マガレットは、海でビクトリア町に出発しました。それから、カリブー道に走るとバーカービル町まで進みました。ウィリアムズ・クリークという場所で所有権に主張すると、採鉱団と一緒にずっと夏と秋で土地を掘り続きました。12月に豊富な黄金が発見されました!あという間に賑やかな町が出現されました。カメロンビル町と呼ばれていました。カメロン自身は、カリブー・カメロンに知られていました。

お金持ちですが、悲しかったです。前の10月に妻が病気で亡くなりました。カリブー・カメロンは、その時、故郷のグレンゲリー町まで彼女の死体を連れて帰ると誓いました。次の1月、ぎっしり閉められた棺桶の中で妻の死体をビクトリア町まで連れて行くと、一年間で、グレンゲリー町の墓で埋めてしまいました。

お金持ちカリブー・カメロンは、再婚してグレンゲリー町に住むことにしました。しかし、嫉妬した近所の人は、ほんとに前の妻の死体を連れて帰らなく、棺桶の中で黄金ばかりの噂を広げました。カリブー・カメロンは、噂が嘘だけと見せるために、墓を掘ると棺桶を開かなければなりませんでした。それから、近所の人を大嫌いので、ブリティッシュ・コロンビアに再出発しました。しかし、結局倒産してバーカービル町で一文なしで亡くななりました。その時、誰も彼の死体を故郷まで連れて帰りませんでした!

黄金採鉱者は、ブリティッシュ・コロンビア植民地を海の端から深く内陸に拡大しました。鉄道は、東カナダからだんだん広がりました。1857年、ジョン・パリサー探検団はロッキー山脈に着くと、探検団の一人の博士が山道の鉄道の通路がどうやって作ればいいと考え始めました。間もなく、オーバーランダー団の馬車で大陸を渡る旅のようじゃなく、山道に含めてカナダ中の鉄道を使う可能性になると思われていました。しかし、まだまだです。

絵の下
西カナダを渡ってブリティッシュ・コロンビア黄金畑までに着く一人の女の人カサリン・シューバートは、カムルプス町に着くと、次の日に赤ちゃんが産まれました。

写真
カサリン・シューバート、ジョン“カリブー”カメロン