カナダ物語83部

  •  
  • 237
  • 2
  • 3
  • Japanese 
Feb 17, 2011 08:04
カナダ物語83部
155ページ

黄金畑

1850年代、“ゴールド・フィーバー”は、世界中に広がりました。1849年、黄金を探す人はカリフォルニアに1851年、オーストラリアに入り込みました。早くとか運がいい少ない人は一攫千金になりました。しかし普通の人は、スコープやトレーを払うために十分のお金を稼ぎませんでした。他の所へ移ると次の黄金畑を探し続けました。1849年“フォ―ティー・ナイナー”達は、遠いスペーン植民地の前哨地のカリフォルニアをアメリカ合衆国の州に変えました。* 少ない年間、多くの黄金を探す人は、倒産したから新黄金畑を探して広がりました。

それから、トンソン川とフレーザ川の合流の砂の岸に沿って、トレーの上で小さくてピカピカな黄金の断片が現れました。1858年4月、コモドール号という外輪汽船は、カリフォルニア州からビクトリア町に着きました。デッキの上にいかにも赤いフランネル・シャツを着ているワクワクの採鉱者がいっぱいでした。年末までに、フレーザ川で黄金を探すために2万人の採鉱者がビクトリア町に通じました。すぐに、採鉱者は、もうすべてのフレーザ川に沿う土地に所有権を主張しました。

“ゴールド・ラッシ”は、ジェムズ・ダゴラス総督にとって新挑戦があって早く取り扱いました。植民地は、バンクーバー島しかなくても、本土に力を広げました。イギリスの権威と法律を受けさせました。遠いロンドンでイギリス政府は聞いた時、賛成しました。本土は、ブリティッシュ・コロンビア植民地になりました。ビクトリア女王そのもの、名前を決めました。ジェムズ・ダゴラスは、ブリティッシュ・コロンビア植民地の総督になりました。


*1847~1848は米・メキシコ戦争の結局は、カリフォルニアに含めてほとんど半分のメキシコ共和国の領土がアメリカに譲られました。今のテキサス州、カリフォルニア州、ニューメキシコ州、アリゾナ州、ネバダ州なだは前のスペインの植民地、それから前の1812年になったメキシコ共和国の領地でした。

絵の下
1852年、石炭が発見されてから、バンクーバー島のナナイモ村のハドソン・ベイ社の交換所は賑やかになりました。石炭社の労働者の大変努力してから、採鉱所有者ロバート・ドンズムイールがお金持ちになりました。ビクトリア町に移るとご家族にお城を建ってもらいました。