カナダ物語 第六章 184ページ

  •  
  • 267
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Nov 6, 2014 09:07
シプレス・ヒルズ高原の虐殺

シプレス・ヒルズ高原は、現在の南アルバータ州とサスカチェワン州の乾燥した草原のやや上方ですが、ロッキー山脈からラブラドル沿岸地方までの間で一番高いところに位置します。狼も鹿も狩人も酒交易商もこの森で覆われた丘に引き寄せられていました。

1872年、先住民のアシンニボイン族の一団はシプレス・ヒルズ高原で冬宿を建てました。その時、アシンニボイン族はブラクフット連邦と和平を結びました。彼らは戦争が終われば、丘で狩りが栄えるだろうかと思っていました。しかし、狼を殺すために毒を拡散したりするアメリか人の交易商を見つけました。その交易商も先住民に酒の毒を売っていました。交易商も白人の狩人も曖昧な国境を行ったり来たりして、警察を避けていました。さらによくライフル銃を持っているこkとが多かったのです。彼らは、アシンニボイン族の狩りを邪魔しましたが、誰もやめさせませんでした。

1873年5月、酒交換者と先住民は馬を巡って喧嘩した後、酒交易商がアシンニボイン族の宿を襲撃しました。36人の先住民を撃って殺しました。それから村を全焼しました。

シプレス・ヒルズ高原にある虐殺情報は、オタワ市にある政府に来届き、政府は新草原領地で警察隊が必要だと思いました。そして、北西騎馬警察隊が作られました。愛称“マウンティー”達が進むと、無法者はカナダから逃げました。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app