カナダ物語 第五章 141ページ

  •  
  • 546
  • 0
  • 3
  • Japanese 
Feb 9, 2014 11:54
「“フ・サン”への旅行」

フ・サンという国は、中国から遠い国でした。辿り着くために日が出る方向へ二万里を進まなければなりません。にもかかわらず、フイ・シンという人はフ・サンの人々に仏教を教えるために旅発ちました。

“永久由来”という年――西暦499年――フイ・シンがフ・サンから帰って、素晴らしい物語を話しました。フ・サンの人々は板でできた家に住んだり、木の皮できた服を着たり、大げさな儀式で王様に宝物や何かを献上するという意味でしょうか。フイ・シンは旅をして説教し、中国へ帰りました。

もしかすると、フイ・シンは日本や東アジアに航行して、フ・サンを発見しただけかもしれません。フ・サンは日が出るところの国の昔話というだけの可能性があります。しかし、フ・サンはカナダの北西海岸だった可能性もあります。また、1500年前中国の航行者が太平洋を渡った可能性もあります.

北西太平洋の二つの大陸ーー北アメリカ大陸とユーラシア大陸ーーは、昔から文化的に結ばれていました。海をカヌーで渡りブリティッシュコロンビアの先住民がアラスカに着きました。アラスカの先住民はアリューシャン列島の近所の人々を訪れました。アリューシャン列島の人々がシベリアまで旅行しましました。いろいろなところで人々が商品や考えや服のスタイルを交換しました。もしもフイ・シンが北西カナダまで到来しなくてもフ・シンの人々は中国について知った可能性があります。

また、ヒマラヤスギの村まで霧が多い島々を通って航行して来た仏教徒を乗せた中国船が到来することを想像するとわくわくしないでしょうか。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app