カナダ物語142部

  •  
  • 780
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Sep 30, 2011 08:01
カナダ物語142部
第10章
「飛んでいる」
258ページから259ページ

1948年6月1日、ノース・スターという飛行機が上陸しました。ブリティッシュ・コロンビア州のリチモンド町の近いフレーザ川の川下で、子供は自転車を下すとシー・アイランド空港の滑走路の端の塀で見に集まりました。

ノース・スター機は、トランズ・カナダ会社(TCA)の新しい乗客機です。最初のヴァンクーバーからモントリオルまでの飛行をしました。TCAは9年前に最初の国中の飛行をできました。その飛行は、一日以上かかるし、ロックヒード・エレクトラという飛行機は、ロッキー山脈の上でゆらゆら飛びながら乗客様が酸素マスクをつけなければなりませんでした。今、4つの強いエンジン画ある飛行機は、飛行は13時間しかかかりませんでした。40人の乗客様は雲の上で気密室の中で飛んでいました。一番多くて速くて豪華な飛行機で――カナダで造られました。

戦後のすぐにカナダ人は繁栄になっていました。飛行機のために人々が大陸や海を渡りやすくなってきました。オンタリオ州のチョーク・リバー町で科学者は最初の原子炉を作って電気を作りました。サスカトゥーン市で、ハロルド・ジョンズ博士は、ガンの腫瘍を治療するために“コルバルト放射治療”を発展しました。戦争を終わらせた恐ろしい原発エネルギーは、平和の時代で希望している未来を見せたじゃないでしょうか。

終戦の1945年に、100万人以上の人は軍隊をやめました。半分の男性と大体7000人の女性は、海外にいた、ほとんど5万人は“戦争結婚”しました。1946年5月にモントリオル原点から4つの10車汽車に満ちたお嫁様は、あまり知らない家族と主人の場所へ出発しました。

たくさんの“戦争花嫁”は、カナダ人としてとっても違う生活を調整しにくいのです、“100ドル治療”を受けました。たくさんのお金を使うと、本国に旅行しました。戦後のヨーロッパを見るとそれより繁栄のカナダがいい国だと納得しました。喜んでカナダに戻りました。

[小説家」ファリー・モワットは、戦争からカナダへ帰ると歩兵バージを外して教科書を取ってトロント大学の教室に入ると嬉しかったのです。カナダ政府は、大学料と住宅融資にベテランを手伝いました。数千人のベテランは、教育が欲しがっていて医者、弁護士、営業者などになりました。モワットは小説家になりました。戦争の体験なのに、普通のベテランはほとんど二十歳になりました。

カナダ人は戦争の努力で誇りました。しかし、第一次世界大戦の戦後の不況で恐ろしい30年代の世界大恐慌を覚えていました。当時,すべての地方は苦しんでいました。今、繁栄時代が来たじゃないでしょうか。

前のページの絵
オタワ首都の国会“パーラメント・ヒル”でカナダ人は政府の方針に異議を唱えるデモや抗議運動する場所で有名です。

写真の下:
DC-4ノース・スター飛行機は、モントリオル市のカナディール会社に作られました。1940後期年代と50年代初期には一番忙しい乗客様になりました。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app