Talking to New People in English - Spark Joy! 英語で知らない人と話す - ときめき!

  •  
  • 189
  • 23
  • 7
  • English 
Jul 15, 2019 16:50
In my previous entry, I wrote about a Hawaiian Fair in Hankyu (department store).

I'd like to talk about it a little more.

While enjoying the event for two days, I was able to have opportunities to talk to three people in English.

One of them was an assistant of a designer for clothes and other items.

She told me that this was her first time coming to Japan.

She seemed to be very friendly.

Her English was very easy to understand for me.

She excitingly talked about Japanese food, such as sushi, tempura, yakitori, and shabu-shabu.

Unfortunately, it was about the time a hula dance show would start, so I had to say good-bye to her.

The other two people I talked to were a designer and his assistant.

First, they were on a stage in their talk show.

A Japanese MC introduced the designer, Sig Zane, and two assistants to the audience.

Sig Zane
https://sigzanedesigns.com/blogs/news

I was piqued my interest in a story about one or more of his family members made or something related to a song of ''Ka Uluwehi O Ke Kai."

My friend and I were excited knowing that because we danced with the song about a couple of years ago.

As soon as the show finished, we rushed to him. We took a picture together in front of two surfboards he designed.

He was busy at that moment, so I talked to him when we visited his store later.

I also talked to his female assistant.

Whenever I talk to someone in English, I feel very happy that I've been learning English for years.

And what's more, thanks to my friends who help me learn English here on Lang-8 and some friends often talk to me on Skype, I've got used to speaking English.

Even though my English isn't very good, I can at least have a small talk with people from different countries without hesitation, welcome them to Japan, and make them a smile.

Thank you very much for always helping me, everyone!

前の投稿で、私は阪急百貨店のハワイアンフェアについて書きました。

もう少し書いてみたいと思います。

2日間イベントを楽しみながら、3人の方と英語で話す機会を得ました。

そのうちの1人は、服やその他の商品のデザイナーのアシスタントでした。

彼女が日本に来たのは今回が初めてだと言っていました。

とても気さくな方でした。

彼女の英語は私にとってとても分かり易いものでした。

寿司、天ぷら、焼き鳥、しゃぶしゃぶなどの日本食について、興奮気味に話してくれました。

残念ながら、フラダンスショーが始まる時間になったので、さよならを言わなければなりませんでした。

私が話した他の2人は、デザイナーと彼のアシスタントでした。

まず最初、彼らはトークショーの舞台にいました。

日本人の司会者が、デザイナーのSig Zaneさんと2人のアシスタントを観客に紹介しました。

Sig Zane
https://sigzanedesigns.com/blogs/news

彼のおひとりまたは何人かのご家族が「Ka Uluwehi O Ke Kai」の歌を作った、または関連したというお話に興味を惹きつけられました。

友達と私は、それを知ってすごく嬉しくなりました。なぜなら、私たちは約2年前にこの曲で(フラダンスを)踊ったからです。

ショーが終わるとすぐに、私たちは彼のところに急いで行きました。

彼がデザインした2枚のサーフボードの前で、一緒に写真を撮ってもらいました。

その時、彼はとても忙しそうだったので、後で彼のお店を訪問したときに話をしました。

彼の女性アシスタントとも話しました。

英語で誰かと話すときはいつも、ずっと英語を勉強してきたことをとても嬉しく思います。

さらに、Lang-8で私の英語を手伝ってくれているお友達や、Skypeでよく話しているお友達のおかげで、英語を話すことにも慣れてきました。

私の英語があまり上手じゃなくても、少なくともためらうことなく外国の人々とちょっとした会話をしたり、歓迎をしたり、そして彼らを笑顔にすることができます。

皆さん、本当にいつも手伝ってくれてありがとうございます。