Kyoto: April 4th

  •  
  • 300
  • 18
  • 3
  • English 
Apr 16, 2018 23:39
Before Vivian came to Japan, I was thinking to show her around Nara.

However, to be honest, I've only been to Nara a few times.

And what's more, since there are many magnificent places in Kyoto, we couldn’t visit all of them in a day.

So, we went to Kyoto again instead of Nara.

We started visiting from Ginkakuji-Temple.

Compared to the brilliant Kinkakuji-Temple, the building of Ginkakuji-Temple is humble.

This is wabi-sabi!

Ginkakuji-Temple
https://www.japan-guide.com/e/e3907.html

While walking around the temple, I heard some pretty Japanese bush warblers' chirping all the time.

Then, we walked the Philosopher's Walk along a canal.

Sometimes, a gentle breeze blew.

The petals of many cherry trees had already fallen to the stream.

The pink surface of the water is called "hanaikada."

It was breathtaking.

We saw some newlywed couples there.

I wish I could take a picture of my husband and myself there if we can rejuvenate again.

It was almost noon and we had a lunch at a restaurant near Ginkakuji-Temple where I took another Taiwanese friend and her mother who came from California in America last February.

Then, we went to Kiyomizudera-Temple and Jishujinja-Shrine.

The Jishujinja Shrine is the most popular place in Kyoto for those seeking love.

There are two special stones on the ground there.

They are known as 'Koi uranai-no-Ishi', meaning love fortune-telling stones.

When I'd just finished explaining how to try the love fortune-telling to Vivian, a foreigner suddenly came to and asked me about that.

“The two stones stand 10 meters from the shrine precinct and it is believed that if you close your eyes and walk from one stone to the other, you will find true love.”

She seemed to want to try it, but she was worried because it was a little crowded there.

I confidently told her, "You can do it. If you start walking toward the other stones, people will step aside and make a space for you. I'll guide you a little."

Thanks to all nice visitors there, as soon as she started to walk toward the other side of stones with her eyes closed, then the path had been immediately opened wide.

Fortunately, she was able to arrive at the goal.

Actually, one of my Lang-8 friends had already tried it before, and guess what, he got married to a Japanese woman a few years later.

Anyways, Vivian and I also visited Maruyama-park, Heian Jingu-Shrine, and Keage Incline.
http://tadaimajp.com/2017/03/the-keage-incline/

Finally, we went to a Shabu Shabu restaurant in my city, and my son and daughter joined us.

We talked a lot of things in English.

Vivian told us that she was very happy because we have kept our Engish strong.

I think it was the happiest thing for her in Japan.

Ah, sorry... this entry already became very long, I should stop here.

https://instagram.com/p/BhoDTwpBXCO/
ビビアンが日本に来る前には、彼女を奈良にも案内するつもりでいました。

でも、正直なところ、私は奈良には何回かしか行ったことがありません。

さらに、京都には素晴らしい場所が多くあり、たった一日ではとても回り切れませんでした。

だから、奈良をやめて京都へもう一度行きました。

銀閣寺から始めました。

光り輝く金閣寺に比べ、銀閣寺の建物はつつましいです。

これぞ、わびさび!です。

お寺を歩いている間中、うぐいすの鳴き声が聴こえていました。

それから、私たちは運河沿いの哲学の道を歩きました。

ときどき、そよ風が吹きました。

桜の木々からの花びらが小川に落ちていました。

ピンク色の水面は、花筏(はないかだ)と呼ばれています。

その景色には心が動かされました。

そこでも何組かの新郎新婦を見かけました。

私と夫もまた若返ることができたなら、あそこで写真を撮りたいなあ・・

お昼頃になって、銀閣寺の近くのレストランでお昼ご飯を食べました。

それから 清水寺と地主神社に行きました。

地主神社は、縁結びのご利益のある京都では人気のスポットです。

そこには、2つの特別な石があります。

それらは、「恋占いの石」として有名です。

ビビアンにどうやってそれをするか説明し終わったときに、ある外国人の方が私のところに来て、それを質問をされました。

「境内にある10メートルほど離れて立つ『恋占いの石』を目をつぶって、石から石に辿り着けばあなたの恋は叶うでしょう。」

彼女はやってみたそうでしたが、混んでいるのを心配していました。

私は自信を持って言いました。「やれますよ!あなたが向こう側の石に向かって歩き出したら、みんな脇にのいて、道を空けてくれます。私が少しだけお手伝いします。」と。

そこにいる親切な人たちのおかげで、すぐに彼女は向こう側の石に目をつむって歩き始め、道は彼女のためにあけられました。

彼女は、無事にゴールに辿り着きました。

実は、私のLang-8友達の1人はこれに既にトライしたことがあって、なんと、彼は数年後に日本人女性と結婚しました!

さて、私とビビアンは、円山公園、平安神宮、蹴上インクラインにも行きました。

最後に、私たちは、うちの市内のしゃぶしゃぶレストランに行き、息子と娘も来てくれました。

みんなで、色んなことを英語で話しました。

私たちみんなが英語をちゃんとキープしていることが何より嬉しいとビビアンが言ってくれました。

日本で彼女にとって、一番嬉しかったのはそれだったのではないかと思います。

あぁ、ごめんなさい。この投稿ももうかなり長くなってしまって、この辺で終わりにします。^^;
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app