The Theory of Everything 『博士と彼女のセオリー』

  •  
  • 190
  • 15
  • 3
  • English 
Aug 11, 2019 23:12 Movie
I watched the movie "The Theory of Everything" today.
今日、映画『博士と彼女のセオリー』を観ました。

It's a 2014 British biographical romantic drama which depicts their relationship of the theoretical physicist Stephen Hawking and ex-wife Jane Wilde Hawking.
2014年のイギリスの伝記恋愛映画で、理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士と彼の元妻であるジェーン・ホーキング(Jane Wilde Hawking)の関係を描き出しています。

I'd like to write about it.
その映画について書いてみます。

Spoiler alert!
ネタバレ注意です!

When Stephen is a 21-year-old student at Cambridge University, he meets Jane.
スティーヴンは21歳、ケンブリッジ大学の学生の時に、ジェーンと出会います。

They fall in love with each other and at the same time, he is given two years to live due to Amyotrophic lateral sclerosis (ALS), also known as motor neuron disease (MND).
二人は恋に落ちますが、時を同じくして彼はALSによる余命宣告を受けます。

Thanks to her dedicating support, he devotes himself in the study.
ジェーンの献身的な支えを受け、スティーヴンは意欲的に研究に打ち込みます。

It is about "time" and is the surely precious thing for him.
その内容は彼にとってまさに貴重なもの、時間についてです。

They come together to confront the desperate situations, and he accomplishes great things that nobody has ever imagined.
2人は力を合わせて絶望的な状況に立ち向かい、誰にも想像できなかった偉業を成し遂げます。

He goes to a presentation for everyone that has read "A Brief History of Time".
彼は「A Brief History of Time」の読者たちにプレゼンテーションをします。

The last part where he said was impressive to me.
最後に彼が言った部分が私には感動的でした。

“There should be no boundaries to human endeavor.
「人間の努力にも境界はないはずです。

We all are different.
私たちは皆違います。

However bad life may seem, there is always something you can do and succeed at.
いかに不運な人生でも、何かやれることはあり、成功できるのです。

While there's life, there is hope.”
命ある限り、希望はあります。」

The Theory of Everything 『博士と彼女のセオリー』
https://youtu.be/Salz7uGp72c