Weeping in Sympathy

  •  
  • 649
  • 43
  • 3
  • English 
Jan 17, 2016 00:01
Since I moved back to a head office in September last year, I have been changed my duties shortly in a row.
So far, I moved into three groups in the department because some coworkers quit the company one after another.

So, I continuously had to learn many different kinds of tasks and have been working under the pressure.

Last week was very tough to me.
I hit a spot of bother day by day.
A young female regular employee who sits next to me made a mistake.
I am her assistant now.
If I were getting accustomed to being in charge my current job, I must have found her mistake, and must have avoided the trouble.
I felt guilty about that when she was blamed by our boss.
Of course, I said to the boss that was also my fault.

After work, when I passed by the gate of the company riding my bicycle, I saw her.
I called her from her behind.
As I exactly thought, she was crying.
First, I apologized to her that I was such a helpless assistant, and I also told her that that was kind of my mistake.
While I saw her crying face, I felt so sorry for her and I couldn’t hold my tears back.
I promised to her that I was going to do my best, join forces with her, and cheered her up.

Speaking of crying, another day at work, a coworker kindly said to me to encourage by saying something like this: Do not worry about everything too much, Happiness-san, my previous boss said to me a long time ago, “ Even if you made a mistake, you would not be taken away your life.”
I really appreciated her kindness.
I just said thank you to her quickly and I pretended I had been just okay.
Needless to say, I rushed into a bathroom to wipe my eyes secretly.
Soon, unfortunately, another co-worker came in.
I felt so embarrassed.

I think I have been too serious and nervous at work recently.
That’s why I was very emotional.
Crying a little was funny myself.
The older I get, the easier my tears come down.
I cannot control my emotion.


*Weeping in Sympathy
もらい泣き

他人(たにん)の泣(な)くのに誘(さそ)われて自分(じぶん)も一緒(いっしょ)に泣(な)くこと。


昨年9月に本社(ほんしゃ)に戻(もど)って以来(いらい)、担当(たんとう)業務(ぎょうむ)が短い期間(きかん)にたて続きに変わりました。
これまでのところ、同僚(どうりょう)が会社を次々(つぎつぎ)に退職(たいしょく)したため、部署内(ぶしょない)で3つのグループに異動になりました。

だから、継続的(けいぞくてき)に新しい多くの違う種類(しゅるい)の仕事を覚えなくてはならず、プレッシャーの下(もと)で働いてきました。

先週は、とても大変な週でした。
次々(つぎつぎ)とトラブルにあいました。
私の隣(となり)に座(すわ)っている若(わか)い女性正社員(じょせいせいしゃいん)があるミスをしました。
今、私は彼女のアシスタントです。
もし今の仕事に慣(な)れていたなら、間違いを発見(はっけん)できただろうし、トラブルを避(さ)けられたに違(ちが)いありません。
彼女が上司(じょうし)から注意(ちゅうい)されている時、罪(つみ)の意識(いしき)にかられました。
もちろん、それは私のせいでもあると上司に言いました。

仕事を終(お)えて、自転車(じてんしゃ)で会社の門(もん)を通り過ぎるとき、彼女を見つけました。
彼女の後ろから声(こえ)を掛(か)けました。
思っていたとおり、彼女は泣いていました。
最初に、無力(むりょく)なアシスタントでごめんなさいねと謝(あや)まり、そしてあれは私のミスでもあるのだからと言いました。
泣(な)いている彼女の顔を見ると、とても気の毒(きのどく)になり、涙をこらえることができませんでした。
これからもっと頑張る(がんばる)からねと彼女に約束(やくそく)し、一緒に力を合わせましょうと伝え、元気づけました。

泣くといえば、別(べつ)の日に、別の同僚が親切(しんせつ)にこんな励(はげ)ましの言葉を掛けてくれました。:Happinessさん、あまりいろんなことを心配(しんぱい)しなくてもいいのよ。私の以前の上司が「どんなミスをしても、あなたの命(いのち)まで奪(うば)われることはありません。」と言ってくれました。」
本当に彼女の優(やさ)しさが有難(ありがた)かったです。
すぐにお礼(れい)を言って、大丈夫(だいじょうぶ)なふりをしました。
言うまでもなく、こっそり涙(なみだ)を拭(ふ)くためにトイレにかけこみました。
すぐに、残念ながら、別(べつ)の同僚が入って来てしまいました。
それはとても恥(は)ずかしかったです。

最近(さいきん)、あまりにも深刻(しんこく)で、緊張(きんちょう)しすぎていたのだと思います。
とても感情的(かんじょうてき)だったのはそれが理由(りゆう)だったと思います。
少し泣いてしまったことは、自分でも面白(おもしろ)かったです。
年(とし)をとるごとに、涙(なみだ)もろくなっています。
自分(じぶん)の感情(かんじょう)をコントロールできません。