Learning Japanese

  •  
  • 151
  • 17
  • 3
  • English 
Aug 12, 2017 19:53
I’ve been taking a class to learn how to teach Japanese to people from other countries since April.

My teacher tells us that it is important to find out a good way to teach Japanese from the non-Japanese' point of view.

We use two different textbooks called, “Minna no Nihongo” for beginner level learners and “New Approach Japanese Intermediate Course” for intermediate level learners.

I recently learned how to teach Minna no Nihongo lesson 25.

The next class after the Bon holidays, I’m going to make my mock teaching lesson.

To tell you the truth, it will be my fourth time to do that.

However, I don't still have confidence in my teaching.

I have to prepare for the lesson such as making my teaching plan and some flash cards and practice teaching well while measuring the time with a stopwatch to end within the predetermined time.

A twenty-minute lesson would be good.

In the lesson, I should be careful not to speak any words and any expressions which the learners would not learn yet.

Last time, I carelessly slipped out new expression right after introducing myself and got a feedback from my teacher.

I was supposed to say, “今日は、19課を勉強します。“ in Japanese, but I said, “今日は、19課を勉強したいと思います。”

The grammar of “~したいと思います。” was obviously difficult for the learners because it would be taught in lesson 21.

Also, I need to write all words and all sentences neatly, and to put furigana above every kanji on the whiteboard, and to make eye contact with all learners, and stuff like that.

By the way, some of my classmates were or are educators, and I think their mock teaching lessons were very effective and professional.

Well, since I don't have any plans during my Bon holiday, I will have a lot of time to prepare for my next lesson.

I'll do my best!


4月から、外国の人たちに教えるための日本語クラスを受けています。

学習者の立場に立って、日本語を教える良い方法を見つけることが大切だと先生は言われます。

初級レベル学習者用の『みんなの日本語』、中級レベル学習者用の『ニューアプローチ 中級日本語』、2種類の教科書を使います。

最近、『みんなの日本語』25課の教授法を習いました。

お盆休暇後の次のクラスで、私は模擬授業を行います。

実を言うと、それは私にとって4回目になります。

でも、まだ教えるということに自信がありません。

教案やフラッシュカードを作り、時間内に収まるようストップウォッチで測りながらよく練習したりするなど、授業に備えなければなりません。

20分の授業がちょうど良いでしょう。

その授業中は、まだ(学習者が)習っていない言葉や表現を話さないように注意しなければなりません。

前回、自己紹介の直後に、不注意にも新しい表現を口にしてしまい、先生からフィードバックでそれを指摘されました。

「今日は、19課を勉強します。」と言うはずでしたが、「今日は、19課を勉強したいと思います。」と言ってしまいました。

「〜したいと思います。」という文法は、21課で教えられるので、学習者にとって難しいのは明らかです。

また、ホワイトボードには、言葉や文章はきれいに書き、すべての漢字の上にはフリガナをふり、学習者とのアイコンタクトをとる必要があります。

ちなみに、クラスメートの何人かは教職者であったか、または今も教職者であり、その方たちの模擬授業は、とても効果的で専門的だったと思います。

まあ、このお盆休みの間、私は何の予定もないので、準備にかける時間がたくさんあります。

精一杯、頑張ります!