■The NEVERLAND.

  •  
  • 217
  • 10
  • 0
  • English 
Jul 8, 2012 19:12
PETER PAN Syndrome.
I don't know any other syndrome greater than it.
I haven't grown up enough yet regardless of the fact I have lived as long as 33 years.


People around me often say "You're weird" to me.
But I'm not isolated from the society. I'm surely there.
However, I have an idea of this estimate.
I don't want to be a grown-up in a sense.


Grown-ups in society often prior practical and short-term benefits to morals and long-term benefits.
Of course I don't mention all the grown-ups, I know the people who have tried not to do that.
Yet why do so many grown-ups do so?
What makes them to do that?


We often face with a dilemma.
Moral or Benefit.
Orders of boss or our own purpose.
Abandonment of conscience or protect ourselves and family.
Perhaps you feel it is exaggerating.
However we make choices unless a dilemma in usual life may be small in scale.


To gain is to lose.
As I grew up, I have gained sociality, job skills and breadth of vision.
But sometimes, I'm forced to ignore moral and conscience especially at work.
Of course we are not always right.
We must fulfill our responsibilities.
I know it.
However there must be the way to keep our justice.
But unfortunately, as their lives go on, many people give up.


I found that to grow up is to lose pureness.
Children are protected by their parents so they are permitted to keep their pureness.
But once we come out of "the shelter", we have to keep it by ourselves.
It's never easy job.


This is why the place where Peter Pan lives in is called "Neverland".
But we can protect even a part of our pureness unless we can't protect the whole of it, I believe.
It is one of the biggest interest in my life to find the way of it.



<In Japanese>--------------------------------------------------------------------------------




ピーターパン症候群。
これほど素晴らしい症候群を他に知らない。
私は33年も生きて来たけれど、まだ十分大人になったとは言えない。


私はよく周りの人たちに「変わってるなぁ」と言われる。
でも別に世の中から孤立してるしてるわけじゃない。しっかり社会の中にいる。
でも、なぜ自分がこう評されるのかはわかる気がする。
私はある意味で、大人になりたくないのだ。


世の中の大人は良識や長期的な利益よりも、現実的で短期的な利益を優先することが多い。
もちろん、全ての大人がそうだと言うわけではない。
常に良識や長期的な利益を考える人もいることはわかっているつもりだ。
でも、なぜこれほど多くの大人がそうなってしまうんだろう。
何が彼らをそうさせるんだろう。


ジレンマというものはよくある。
モラルか、それとも利益か。
上司の指示か、それとも自分の意思か。
良識の放棄か、それとも自分や家族を守ることか。
こう書くと大げさに感じるかも知れないけど、例え取るに足りない大きさのものだとしても、
私たちは普段の生活の中で決断をしているのだ。


何かを得ると、何かを失う。
成長するにつれて、私は社会性や仕事の能力、視野の広さを身につけた。
けれど特に仕事の中で、モラルや良識を無視せざるを得ないような事もある。
もちろん常に正しい人なんていないし、自分の責任は果たさないといけない。
それでも「正しい」と信じることをやる方法はあるはずだ。
でも、多くの人が生きて行くうちに、諦めてしまうのだ。


大人になるということは、純粋さを失うということだと気付いた。
子供は親に守られているからこそ、純粋さを失わずにいられる。
けれど、一度その「シェルター」から出てしまうと、もう自分で守らなければいけなくなる。
それは決して簡単なことではない。


だからこそ、ピーターパンの住んでいるところは「ネバーランド」と呼ばれるのだ。
しかし、例え純粋さのその全てを守ることはできず、ほんの一部になったとしても、純粋さ守ることはできると私は思う。
その方法を見つけることが、人生の最大の関心ごとのひとつなのです。




うーん。英語でも日本語でも両方で書くって難しいなぁ。
どっちかの言葉を意識して、何か微妙におかしくなってしまう気がする・・・。