Two things I learned through using Lang-8

  •  
  • 337
  • 1
  • 1
  • English 
Jun 19, 2012 23:34 Learning English Lang-8
If you know a people who are learning foreign language, you must recommend him/her using lang-8. The reason is as follows.

First, we can learn that mistake is not a shame.
If you start to correcting articles which are written with your mother tongue, you will have to correct many sentences since there are many mistakes.

So, you can find it natural that we must mistake if we try to write with foreign language. Some people - especially including many Japanese - are afraid of mistake since they are afraid of embarrassing themselves. But, It is irrational fear. Making mistake is never a shame. You can learn it through correcting other articles.

Secondly, nevertheless there are many mistakes, we can write good aricles and have fun.
I have corrected articles written with Japanese by foreigner. These articles contained many mistakes like misspelling, using wrong Kanji, and so on. However, I have been impressed at their idea and have had fun of event they had attended. So I think that if we have a passion, we can impress others even though we have to use broken foreign language.
(of course it doesn't mean that Grammmer is not important.)

Lang-8 is a kind of 'Social Networking Service'. It means that one of aim of using lang-8 is connecting fopreigners. Let's write many article and connect various foreigners!
もし外国語を学習している人を知っているなら、ぜひlang-8を利用することを勧めて欲しい。いかに理由を示す。

一つは、「間違う事が恥ずかしいことではない」という事がわかるから。
自分の母国語で書かれた記事の添削を始めたら、その記事には沢山間違いがあって直さないといけない事がわかると思う。

そのうち、外国語で文章を書く時は間違えることは避けられない事が当然だとわかってくる。
外国語を学習する人々の中には - 特に日本人に多いけど - 間違えて恥を書くことを恐れる人がいる。しかし、それは非合理的に考え方だ。間違えることは決して恥ずかしいことではない。他の人の記事を添削することで、その事がわかる。

二つ目の理由は、間違いが多いにも関わらず、いい記事は書けるしそういった記事を面白いと思えることである。
僕は外国人の書いた日本語の記事を添削してきたが、綴り間違いや感じの間違いなど、間違いが多かった。しかし、彼らの考え方に感銘を受けたり、参加していたイベントが面白そうといった感想を抱いた。だから、熱意があれば、我々はたとえ拙い事しか書けなくても、十分他の人に訴えかける文章を書くことが出来ると考えている。(もちろん、これは「文法は別に重要ではない」という意味ではない。)

Lang-8は"ソーシャル・ネットワーキング・サービス"である。つまり、目的の一つには、外国人の人と繋がることが有ると思う。ぜひ、記事をたくさん書いて色々な外国人と繋がってみましょう!